『艦これ』2018初秋イベントクリアした(甲勲章14個目)

甲乙甲乙甲。



ということで二期も甲勲章を継続してしまいました。久しぶりにクリア後の堀をしてみたものの、20周位でゴトランドさんも出てくれたので無事イベント完走です。ここで逃したら当分取れなさそうなので、予め乙難易度経由で早めに攻略開始して堀時間を確保しました。グラーフとか実装以来三年越しで今回初ゲットしましたからね! 海外艦こわい。
ボリュームこそいつもの中規模詐欺でしたけど、難易度自体はそこそこ程度だったかなあと。資源消費も燃料バカ食い組の出番がほとんどなくて、バケツ消費もおおよそ400くらいだったので思ったより少なかった印象。
前回イベント日記でも少し書きましたけど、個人的に『艦これ』イベントできついのは、やっぱり時間リソースの問題が一番大きいのでこれからも妥協していきそう。甲勲章が掛かるラストはともかく、道中海域でも乙難易度だと時間的にも資源的にも楽でいいです。残り時間に苦労しそうだったのでE2は乙にしましたけども、延長あるなら甲にしてたかも。E4乙は(この時点ではE5-2の機動ルートの勝算が未知数だったので)欧州艦温存したかった。




今回の最難関と話題のE5-2は、疑心暗鬼ながら機動ルートでやってみたらさっくり昼で割れました。機動ルート見つけてくれた人ありがとう。
おそらくケッコンや運や装備改修まできっちりやっている廃提督は水上でも問題無さそうではあるものの、それ以外の一般的な甲提督の艦載機が揃っているなら機動ルートの方が楽かなあという印象。これまで甲勲章を何度か取ったことある提督なら十分いけるはず。
――これもうちの『艦これ』感想日記定番ネタではありますが、やっぱり装備と運改修を問わない(基地)航空攻撃はサボり提督の味方だよね。
なのでその分僕たちはラスダン前に艦載機と航空基地の熟練度はきちんと上げとこうな。剥がれた状態と比較するとかなり明らかで、熟練度ないとPTは倒せても砲台を潰しきれないパターンが多く、一方で熟練最大にしておくとほぼPT+砲台まで無力化できます。
ちなみに機動ルートについて言われている「道中が楽」だという点だけはウソだと思ってて、道中支援出しててもAでもIでもLでも普通に一発大破します。それでも編成コンセプト(空母4人の攻撃でひたすらボスを嬲る)を理解してきちんと連合編成と装備を組めているならば、友軍も強いしE5-2機動はそこまで苦労しないマップだと思いました。それこそボスマス到達し補給さえすれば高確率(自分は5割以上)でボス撃破できます。ラスダン前に一度も出来ていないなら装備と編成を見直すべき。
でもボス到達率も5割位だからそこだけは心を強く持とうな。ラスダンとか4連続道中撤退しました。




今回のイベント感想としては、対潜を求めるマップが多く出てきて上手くゲームとしての取捨選択が効いていたかなあと。上記E5-2水上がキツイのって、多くの面で潜水幼女マスに基地一隊吸われるところですよね。逆に機動ルートが楽なのは、最初の潜水マスがかなり緩めで潜水対策を一隻で済む点もあるし。
一方で対空要素、特にイベント前からも言われていた穴機銃装備による対空性能(というか墳進砲改二)がかなりぶっ飛んできていて、今回のイベントでは対空については穴機銃の全員装備で概ね乗り切れちゃったのは喜ぶべきか悲しむべきか。ネジ課金しない僕ですが、墳進砲改二☆10を増やすか真剣に悩んでます。あと手持ちの穴増設を今回で使い切ったので、次のイベントが怖い。
かといって増設穴を自由にすると女神大正義ゲーになっちゃうしで、悩ましいところだなあと。


ということで残り1週間、クリアまだの提督も、掘り続けている提督も、みんながんばれ。