『ファイアーエムブレム 風花雪月』黒鷲の学級編 攻略日記その一(4月~10月)

本編攻略開始。
 
 

ハード・クラシックモード
全員生存
成長吟味なし(あるか不明)
スカウトなし
フリーマップの稼ぎなし
ターン浪費によるボスチク等の稼ぎなし
他プレイヤーからのレンタルキャラなし

 
 

基本育成方針

基本的には各キャラのメインとする武器技能のレベルを授業と実戦で上げて、パッシブを揃えていくことから。授業のもう一枠で指揮か、あるいは転職用サブ武器と兵種専用を上げていく。ただ兵種レベルは毎週のグループでもあげられるのでそっちをまずメインに。
自分はとりあえず初見プレイなのでそれぞれ最初から得意な武器を割り振っていってます。伝統の三すくみはありません(後半の武器パッシブで命中回避補正は採れる)のでメイン武器を偏らせると補給が楽ですけど、、一方でユニーク武器が余りそうなので一応割り振り。
兵種は、「再移動」がある以上騎馬飛行ゲーになるのは読めているので一部例外を除いて基本的には全員乗せるつもりで。でも弓の三マス超の遠距離戦技すんごいつよいから悩みどころ。
概ね「盾役」「騎馬飛行の再移動役」「弓魔法の三マス攻撃」「リブロ―レスキュー役」で編成を割り振ればよろしいと思います。

キャラ評(Lv15前後あたりまで)

  • せんせー
    • 基本的に主人公をメイン盾で育てるのが好きなのでそれでいこうと思っていたら、うちのベレトてんてーは守備の成長が完全に死んでしまっている(魔力より低い)ザ・剣士キャラとなってしまったので、FE伝統のホイホイ仲間になるイケメンちょろ剣士に路線変更。その代わりに魔防がすごい高いので対魔閃忍コースもありうる。
    • 現状はその速さを活かしてアイテムを盗んだりしてます。教師とは。

 

  • エーデルガルト
    • こちらも最近のFE恒例のゴリラ役を受け継ぐ女。あと将来的にイケメン剣士を誑かす予定。力と守備の伸びがいいので先生に代わりメイン盾候補に。ただ力が強すぎて訓練用斧でも敵をなぎ倒しまくってしまうやっぱりゴリラ。

 

  • ヒューベルト
    • 魔力ゴリラ。魔力の伸びが圧倒的で、且つ黒魔法がかなり便利で強いので事実上エース。スライム投げまくってる。

 

  • フェルディナント
    • 割といいキャラなので好き。守備の伸びもいいし、貴重な重装と騎馬得意なのでサブ盾として運用中だけど、メイン盾のゴリラと違ってこっちはかなり非力なのでむしろ削り育成面ではこちらの方が有能。槍のライバルが同じ学級にいないのも良し。

 

  • ドロテア
    • 歌姫という疑心暗鬼を生むスキル持ち。3マス攻撃のトロンがくそ強いものの、ヒューベルトというゴリラには負けているので信仰を才能開花で差別化中。

 

  • ベルナデッタ
    • 統計等を見ていると明らかに、みんな大好きな「ちょっと君だけ出てくるゲーム間違えてない?」な雰囲気ブレイカー。あざとい。
    • 弓得意なのでアーチャーやってればそれだけで使えるものの、うちのベルちゃんわりかし力が死んでてつらい。

 

  • ぺトラ
    • 成長率そのものは、先生やエガちゃんに次ぐレベルで育つ。
    • いかにも飛行に育ててください感な得意なので、がんばって技能上げているものの、飛行って要求技能が槍斧飛行と多すぎて中々育成中は辛い大器晩成型。サブ武器にした弓持ってる方が活躍するくらい。

 

  • リンハルト
    • 素直に杖役。信仰得意なので、割と早い段階でリブロ―を覚える。それがあると攻略がかなり楽になります。

 

  • カスパル
    • 最初はフェルディナントとどちらがサブの盾役を担うか悩んでいたんですが、その後の成長を見た結果……補欠に。格闘武器自体はかなり強い(攻撃時勇者効果)ものの、本体の性能がわりと悲しい。
    • といういことで先生の副官として生きていきます。

 
 
 
 

課題マップ攻略

  • 序「夜明けの遭遇戦」
    • ルナだとお助けパパ使わないときついんだろうなあと思いつつも、ハードなのでまっすぐ行って殴るだけ。

 

  • 4月「鷲と獅子と鹿の戦い」
    • 柵を構えてドヤってる方を無視して、なら先に柵が無いもう一方を行くわってするといきなり両者から攻められて「なら両方を攻撃してみてはどうかしら?」ってリアル歌姫になった先生は僕だけじゃないはず。

 

  • 5月「赤き谷の討伐戦」
    • まっすぐ行って殴るだけ。東西に分散してもしなくても。

 

  • 6月「マグドレド奇襲戦」
    • 少し西に進んだ先に控えているダークメイジを倒すところ(倒すと霧が晴れる)までが本番な、みんなだいきらい霧マップ。
    • ただここで重要なのは、このダークメイジのように重要敵は最初は動かないんだけど、一度戦闘するとその後動き出すっていう今作の重要な仕様を最初に教えてくれるところ。

 

  • 7月「女神再誕の儀襲撃戦」
    • これまでヌルヌルだったのにいきなり本気出す空気読めない死神登場。遠距離反撃とかいう高級スキル持ちなのでがえぐい。FEHかな?
    • 初見でこれは辛い。色々と試したけれどもさすがに無理そうだったので(オンラインだと周囲に3マス全部に死亡マークついてて笑う)無視して撤退。解った角度は、こちらの計略による移動不可が入らないと、上の「最初は動かないくせに一度戦闘すると動き出す」仕様でどうしようもない。
    • そこさえ無視すれば後は左右に分かれて順番に倒していくだけ。カギ持ちの分担だけ注意。
    • けどここで色々と試行錯誤したおかげで後述の再戦マップで役に立ちました。

 

  • 8月「ゴーティエ家督争乱」
    • マップ入り口と、北東の意味ありげな扉から援軍が二回ずつ出てくる所に注意。入口のは足の遅い緑オジサンがまず絡まれるので、回復と火力で支援できる味方キャラ数名を。北東も近づいたあとに出てくるので、出てきた後に二匹とも即倒せるように火力出せる準備を。
    • 変身後のボスは範囲攻撃が割と強い。けど計略でタゲを取れるので、背後か左右に回ってから囮の盾キャラが使うことでそれ以外は前方から3マス攻撃でタコ殴りに。

 

  • 9月「秘密地下道の戦い」
    • 死神再戦マップ。ワープによる宝箱クジは、一番右上とその左が当たりなので、それぞれカギを持たせたキャラで回収を。時間制限もあるので急ぎ目で。死神を倒すなら、ハズレを引かなければ弓兵が生き残るのでそれを。

f:id:maukiti:20190727190537j:plain

    • ということで前回の反省を踏まえてがんばりました。
    • 必要なのは追撃されない攻速で受けれるキャラ(次ターン殴られない間接攻撃の計略が複数あれば無しでもいける)。複数の計略を当てて移動不能付与&削り→敵ターンに反撃でも削り→てんてー戦技で撃破。最悪天刻ガチャしてもいいかもしれない。

 

  • 10月「グロンダーズ鷲獅子戦」
    • 対抗戦ふたたび。中央の弓兵器とったところが勝つゲームにしか見えない。割と威力あるし。うちのクラスではベルちゃんが確保してハイエナkillしまくって勝ちました。
    • その後は槍バカな子が突撃するので、彼の計略を食らうとさすがにきつそうなので、使い切らせてハイエナで倒しましょう。

 ということで第一部のおよそ半分辺りまで。ここまででキャラのLvは15~18程度。

次回『ファイアーエムブレム 風花雪月』黒鷲の学級編 攻略日記その二(11月~3月) - maukitiの日記