動物愛護と中絶反対派をつなぐもの

「動物はごはんじゃない」「胎児は赤ちゃんじゃないの!?」と、私たちの罪悪感に訴えかけるもの。





「セックスは子作りじゃない」 - maukitiの日記
そういえば昨日の中絶ネタ日記の蛇足と言うか本題日記。

ただ、この中絶是非について燃え続けているアメリカを「宗教保守による~」という文脈だけで見るのもあまり正確ではないんですよね。もちろん宗教が重要な要素であったことも間違いないんですが。

「セックスは子作りじゃない」 - maukitiの日記

90年代以降の現代アメリカにおいて、中絶反対があそこまで盛り返したのかを改めて見ていたんですが、その転換の要因の一つとなったものに「女性の権利」から「胎児の権利」というのがあったんですよね。
そしてそのプロパガンダの目的もちろん、そうした概念を普及させることで私たちに罪悪感をより強く持たせるように、である。
実際それは効果はあって、プロチョイスからプロライフへと少なくない人たちを転向させることになった。



後期中絶に焦点を絞ることで効果を上げた、プロライフ=中絶反対派たちの『胎児の人間化』というさえたやり方。
つまり中絶は殺人である。胎児に人権はないのか?
「胎児は赤ちゃんじゃないの!?」なんて。
「神の教えにより~」云々を言われるよりもずっとダイレクトに感情へ訴えかけるうまいプロパガンダだよねえ。そりゃ中絶反対派も盛り上がっちゃいますわ。
こうしたリベラルの逆流のような価値観は、まさにそこに元々一定以上現代的リベラルな考え方が根付いているからこそ効果的もあったわけでしょう。元々人権なにそれおいしいのな社会では効果はあがらない。むしろ人間の基本的権利は大事だよね、という大前提がそこにあるからこそ、


中絶は殺人ではないのか。意識はあるのかないのか。
そして議論は本来あった『女性の権利』についてではない、『胎児の権利』という出口なき論争へ。


この私たちの『罪悪感』の効用を、上手く利用しようとしているのがネットでも話題になっていた「動物はごはんじゃない」のような動物愛護の運動でしょう。
動物はごはんじゃないデモ行進 参加してください!March for farm animals
正直あまり上手いプロパガンダではなく、ぶっちゃけネット民の大喜利おもちゃになっていた印象ですけども、しかしそのアニマルライツなメッセージが意味するところは理解できますよね。
動物の人間化によって、上記同様私たちへより強い罪悪感を持たせようとしている。
いつかの反対派たちが残酷に誇張された堕胎手術の絵をプロパガンダに使っていたように、動物を愛する彼ら彼女らは過酷に虐げられた動物たちの絵を使う。
中絶議論でもそうだったように、こうした手法はそれなりに効果があるモノでもあります。
「それなりに」リベラルである日本社会、というポジションに立つ僕にとっては、その一点において、彼ら彼女らの言うことはあまり笑うだけでは済まされないようなちょっとばかりの恐ろしさはあるかなあ。その点で確かに説得力がないわけでもないし。
まさにその「かわいそう」という罪悪感な気持ちとともに。



しかしまったく野次馬根性というか怖いモノ見たさというか、動物の権利をすすめるヴィーガンの人たちの主流としては、『胎児の権利』が問われるようになった現代的中絶議論においては一体どちらのポジションを支持しているのかはちょっと興味あります。

  • もちろん中絶反対派を支持――するだけでなく「例外もある中絶反対なんてトランプは生ぬるい!」とか言うのかな。
  • それとも「動物はそうでも、胎児はまだ人間じゃない!」とか言うのかな。PKディックぽーい。


罪悪感を使ったプロパガンダについて。
みなさんはいかがお考えでしょうか?

「セックスは子作りじゃない」

性規範について合意できないアメリカ人たち。


トランプ氏、妊娠中絶禁止法の論争に沈黙破る - BBCニュース
トランプ大統領が行き過ぎと示唆-アラバマ州の人工中絶禁止法 - Bloomberg
米アラバマ州、厳格な中絶禁止法が成立 - BBCニュース
そういえばまたアメリカで中絶問題が盛り上がっているそうで。ザ・風物詩。

トランプ氏自身は、この問題について立場を変え続けており、1999年には「自分はとてもプロ・チョイス(訳注:選択権支持、アメリカでは『中絶支持』を意味する)だ。自分は中絶の概念そのものが大嫌いだ。大嫌いだ。それが意味するすべてのことが大嫌いだ。この問題を人が議論しているのを聞くと、ぞっとする。ただしそうは言っても……自分は選択する権利を信じているだけだ」と、中絶容認の姿勢だった。

それが2016年3月には、自分の立場は「例外ありでプロ・ライフ(中絶反対)だ」と発言していた。

トランプ氏が「2020年(大統領選)で命のために勝つ」には、与党・共和党の一致団結が必要だとツイートした一方、野党・民主党からも、この中絶問題が次の大統領選の主要課題になるという意見が出ている。

トランプ氏、妊娠中絶禁止法の論争に沈黙破る - BBCニュース

トランプ米大統領は18日遅く、 アラバマ州で成立したほぼ全ての人工妊娠中絶を禁止する法律は行き過ぎだと示唆するコメントをツイッターに投稿した。

  大統領は一連のツイートで、中絶反対を「強く支持するが、3つの例外がある。性的暴行、近親相姦(そうかん)、母親の命を守る場合だ」と記した。

トランプ大統領が行き過ぎと示唆-アラバマ州の人工中絶禁止法 - Bloomberg

正直トランプさん自身はどうでもよさそう感ある。
ただ、彼の政治的勝利がもたらした最高裁判事の多数派争いもあってタイミング的にこういう流れになること自体は理解できるよね。




もちろん現代日本に住む大多数の私たちとしては、ちょっとどうなの感は否めませんけども、ではこれが「世界的に見て」とりわけて異端かというと、やっぱりそうではないでしょう。古くからのキリスト教はもちろん、イスラムなどの各宗教は基本的には禁止してきたんだから。
世界から見て中絶容認が絶対的多数派であるかというとやっぱりそうでもない。
だからこの話題で特にアメリカが大きく話題になるのは、その相違が国内的に生まれているからという理由も大きいわけで。普段は分かれて暮らしている故に軋轢も少ない宇宙船地球号の私たち。
同じ国家で分断されているアメリカ。まぁだからこそ『合衆国』たるアメリカだという言い方もできるんですけど。


ただ、この中絶是非について燃え続けているアメリカを「宗教保守による~」という文脈だけで見るのもあまり正確ではないんですよね。もちろん宗教が重要な要素であったことも間違いないんですが。
この辺は緒方房子先生の『アメリカの中絶問題 出口なき論争』などが詳しく、むしろこの中絶問題って宗教を越えた『文化』の問題になっているそうで。つまり、女性の生き方、家族観、性道徳についての問題であると。この辺はイスラム女性のブルカ問題なんかが近いのかもしれない。
「セックスは子作りのためだけじゃない」と解放を求める人たちに対して、「いや、セックスはまず子作りのためだろう!」と言う種付けおじさん保守的な性規範を支持する人たち。


故に中絶へのハードルの高低が、ひいてはアメリカ社会の「かくあるべき」規範(家族)を決めるのだ。
――であればこそ、特に1990年代以降から、アメリカ政治において重要な選挙テーマになったんですよね。

アラバマ州では15日、レイプや近親相姦による妊娠でも中絶は認めない、全米で最も厳しい人工妊娠中絶禁止法が成立した。

ザーロットさんは、この法律は女性を「産む機械」としか見ていないと批判している。

「レイプで妊娠し子供を産んだ」 米アラバマ州の女性、中絶禁止法に抗議 - BBCニュース

だから本邦でもおなじみな「産む機械」という彼女の反論は、そうした(古き良き?)性役割という価値観への反論としてはそこまで間違っていない。


ちなみに、こちらも現在進行形で続く同性婚についての議論もこうした文化的議論の射程に含まれるんですよね。アメリカに限らずほとんどどこでも近代国家は、異性による結婚による家族という組織化を国家の基本構造としてきた。故に宗教ではなく文化的保守観として異性婚こそあるべき、家族の、社会の、そしてひいては国家の姿であるとして「同性婚反対」へと論理が導かれると。


以前にも日記ネタにしましたけども、ハンチントン先生は、こうした中絶などの――ポルノの扱いなどこうした「性」のかかわる問題では特に顕著でもある――ある一つのテーマに対する反応の違いこそが将来の対立の種になると仰っていたわけで。予想していたのかいなかったのか、高度に進んだグローバル化によってアメリカやヨーロッパなど先進国の社会の内部でこうした『衝突』が目に見えるレベルで起きつつあるのは個人的に興味の尽きない構図だと思ってます。
おそらくこの文化的闘争は多くの移民難民を受け入れたヨーロッパでも遠からず起きる(既に起きている)構図でもあるし。そしてその動揺が、まさにグローバル化を通じてまた世界へと拡散していく。


グローバル・ギャグ・ルール(GGR)がセクシュアル・リプロダクティブ・ヘルス/ライツ(SRHR)に与える影響 | ヒューライツ大阪(一般財団法人アジア・太平洋人権情報センター)
こうしたアメリカの動揺が、GGRなんかを通じて世界全体へと広がっているのを見るとやっぱり今後の世界線は『レクサスの世界』ではなく『文明の衝突』コースなのかなあとちょっと思ったりします。


国内ですらその価値観について未だに合意できないというのに、私たちが異なる文明の人たちと一緒に暮らしていけるのか。多様性を保持できる民主主義社会だからこそ陥っているアメリカ政治の現状について。
みなさんはいかがお考えでしょうか?

通常日記

手抜き日記。

 

 

 

 

 

 

 

 

戦争をするほどの価値とは

「価値観がちっがーう!」人たちとの付き合いかた。


維新「戦争」発言の丸山議員を除名処分 議員辞職促す | NHKニュース
ということで思ったよりも騒動になっている丸山さんの「戦争しかない(修辞疑問)」発言であります。

日本維新の会は、北方四島の「ビザなし交流」の訪問団に参加し、元島民に対して戦争で島を取り返すことの是非などを質問した丸山穂高衆議院議員を除名処分にしました。維新の会の松井代表は、丸山氏に改めて議員辞職を促しました。

北方四島の「ビザなし交流」の訪問団に参加した日本維新の会丸山穂高衆議院議員は、今月11日の夜、訪問団の団長に「戦争で島を取り返すことには賛成ですか、反対ですか」「戦争しないとどうしようもないじゃないですか」などと質問しました。

丸山氏は13日夜、非常に配慮を欠いたとして、撤回して謝罪し、14日に離党届を提出しました。

維新「戦争」発言の丸山議員を除名処分 議員辞職促す | NHKニュース

うーん、まぁ、やっぱりその辺の特に右がかった一般の人が言うならばともかく、国会議員が言うと別の重大な意味が付与されてしまうのでやっぱりアウトだよねえ。国会議員と一般人ではその超えちゃいけないラインには明確に差があるのだ、ということを理解していないのであればそもそも国会議員として資質の問題でしょう。


ただ彼の言う「(武力オプションを採ることに)賛成か、反対か」と議論すること自体は、安全保障を考える上で重要な質問だとは思うんですよね。
反対だからといって、その議論自体を否定するのもやっぱり違う。まぁ仮に議論した所で、それこそネトウヨ認定されてしまいそうな人たちにとってすら「ロシアを相手に戦争して勝てるのか」という質問に誠実に答えようとすれば、その答えは火を見るよりも明らかでしょうけど。


実際にロシアはクリミアでそうしてみせたし、台湾問題において中国はそれを堂々と(脅迫的な意味も含めて)掲げ続けている。
一方で私たち日本は『領土問題』を戦争で解決することには反対である。
今回の件への反発が大きかったように、おそらく日本国民の大多数も賛成するだろうすばらしい見識でしょう。日本政府としての公的な立場とも合致する。領土にそれだけの価値があると考える国もあれば、そうとは思わない国もある。それ自体はまったく不思議ではないよね。
私たちがそうしないからといって、相手がしないということには絶対にない。そしてその価値観の相違は、相手がどう考えているかという相互理解の壁でもある。


――ではその『 』に入る問題が、核兵器などの大量破壊兵器使用だったら? 大虐殺を伴う民族浄化だったら?
アメリカはイラク戦争を先制攻撃で始める大義名分としてまさに前者を挙げていたわけで。それで見事になかったんですけど。その失態は失態として、もう一つ考えておかなくてはならないのは、実際にあったらどうするのか、という問題なんですよ。まさに私たちが今北朝鮮で直面しているように。
簡単に「戦争よくない」で終わるわけにはいかない問題だよね。いやまあ自分たちの手だけは一切汚さないまま自分たちだけが平和であればいいと考えているような自国第一主義者もまた一つの生き方ではありますけど。


北方領土に戦争するほどの価値はない。それはその通りかもしれない。
では、戦争するほどの価値があるモノとは一体どれくらい?
あるいはそんなモノは一切ない?


みなさんはいかがお考えでしょうか?

「マネーか、然らずんば剣か」

「〇〇を取り戻すには戦争しかない」と考える人たち。


韓国人含む人質救出、仏世論「無謀な観光客のせいで軍人の命が犠牲に」-Chosun online 朝鮮日報
ブルキナ人質救出で死亡の2仏兵を追悼、パリで式典 危険犯した観光客に批判も 写真11枚 国際ニュース:AFPBB News
うーん、まぁ、そうねえ。もともと「ジコセキニンロンガー」というジャップランド特殊論法は、ちょっとどうかと思っていたのでさもありなんという感じかなあ。

【5月15日 AFP】パリで14日、仏軍がアフリカ西部ブルキナファソで先週実施した人質救出作戦中に死亡した兵士2人の追悼式典が行われた。この作戦で救出された4人のうち、観光客2人は危険とされる地域を訪れていたことから批判の声が上がっている。

ブルキナ人質救出で死亡の2仏兵を追悼、パリで式典 危険犯した観光客に批判も 写真11枚 国際ニュース:AFPBB News

身代金を払うのではなく軍を使って救出するオプションを採るアメリカやイギリスなんかもそうですけど、こうして『救出側のリスク』というのが限りなく現実と近い所にあるからこそ、それはマジの議論にもなるわけで。そこからの論理展開として、だから軍人を無駄死にさせるな、というのはベトナムからイラクまで見られたよくある平和主義運動の一つのあり方でもあるし。
日本の事例だけを切り取って「日本だけが」海外とは違うのだっていう『日本特殊論』をやるのは、右も左も、日本スゴイも日本クソも、同じ次元だよねとは常々思っています。そこでは上か下かの違いしかない。
無分別な出羽守と、無分別な日本スゴイ論の類似性について。




話を戻して、こうしたフランスとは違うもう一方には別のやり方=『金を払う側』で人質を取りもどす国々がある。
基本的には私たち日本もそちら側ですよね。
剣で対抗しない以上、金を払うしか選択肢はまずない。
ただそれも「日本だけが」マネーを払って解決しテロリストや誘拐犯を間接的に利しているわけでは絶対にないでしょう。
このジャンルで邦訳の中でおそらく最も知名度が高いだろうロレッタ・ナポレオーニ先生の『人質の経済学』なんかでも指摘されているように、例えばイタリアはそれはもう身代金をあっさり支払いまくっていることが更にジャーナリストたちを危険地帯へと向かわせる誘因、同時にそれは誘拐する側がイタリア人を狙うメリットにすらなっていると指摘・批判しているんですよね。
安田純平さん「身代金」の内幕は 本人は暗号で「拒否」、政府も払わず、そこにカタールが... : J-CASTニュース
安田氏「解放」で、いったい誰が得をしたのか | 外交・国際政治 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準
安田さんの件では本人がひたすら強く否定しているように諸説あるかもしれませんが、個人的には間接的にカタールに「払った」派かなあ。
そもそもどこの国であろうと「我々はテロリストと取引し身代金を支払った」なんて堂々と言う国はあるわけない――というか国連安保理決議で禁止されているわけで。
安保理決議2199(ISIL資金遮断)の邦訳ができあがりました。ご活用ください | 国連広報センター
そりゃ安田さんもし払っていても言えるわけがないよね。それでも払っている国があるのも事実なんでしょうけど。(北の飛翔体を見ながら)決議とは破るためにあるのだ。
陰謀論的に見ると、あそこまで必死に安田さんが否定しているって、つまり日本は国連決議を順守する国という決死の擁護でありすばらしく愛国者的振る舞いだよね。「払った」とか言う奴こそ反日や!




ともあれ、こうした人質対応は、正解あるいは不正解がきちんと定義できるような問題でもない。
だからこれは普段から私たちが真剣に考え議論しておかなければならない問題だと思うんですよね。
私たちは軍を使って救出作戦をするべきなのか、それともカネを払ってでも救うべきなのか、あるいは見捨てるべきなのか。
それこそ結果の成否だけを見て後から言うだけでは結果論にしかならないでしょう。上記フランスや、あるいは安田さんの件を見た上で未来を考える必要がある。
おそらくあるだろう、次は、私たちはどうするべきなのか?



ちなみに上記『人質の経済学』の中のオチとしては、軍による救出作戦は成功率がそこまで高くなく(三回に一回は失敗する)、ただ身代金を払うのも次の誘拐への原資となると否定した上で、政府ではなく交渉の専門家を通じた必要経費のみでの迅速な取引(誘拐した側は人質を保持していくだけで必要な経費が増えていく上に、長引けば人質が別の誘拐組織へと転売されてしまう)がベストだと述べています。





国外で人質になった国民への対応について。
「身代金か軍隊か」
まぁ現代政治においても、いやだからこそ重要なテーマでもあり続ける『国家の役割(範囲)』に通じるとてもむつかしいお話ですよね。国境がないとかいうイマジンした世界は一体どこへいってしまったのだ。
国家による国民保護の範囲、そしてその正当性について。
――わー日本人ってこの話題で冷静に議論するのってにがてそー!!!(日本特殊論)


みなさんはいかがお考えでしょうか?

通常日記

手抜き日記。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

第四階級たちの「黄色い」見せ場

ねえねえ、園児がいっぱい死んじゃったけど今どんな気持ち????



大津市・園児2人交通事故、保育園を悪者にしようとするマスメディアの報道姿勢にネット民が怒り「この記者会見の必要性を感じない」 - Togetter
ということで今週燃え上がっていた会見であります。
うーん、まぁ、そうねえ。反発している人たちが受けた印象はこんな感じだったんじゃないかなあ。
はてなブログAA記法はいつになったら復活するのか)

ねぇねぇ、園児が死んじゃったけど 
今どんな気持ち? 
        ∩___∩                     ∩___∩ 
    ♪   | ノ ⌒  ⌒ヽハッ    __ _,, -ー ,,    ハッ   / ⌒  ⌒ 丶| 
        /  (●)  (●)  ハッ   (/   "つ`..,:  ハッ (●)  (●) 丶     今、どんな気持ち? 
       |     ( _●_) ミ    :/       :::::i:.   ミ (_●_ )    |        ねぇ、どんな気持ち? 
 ___ 彡     |∪| ミ    :i        ─::!,,    ミ、 |∪|    、彡____ 
 ヽ___       ヽノ、`\     ヽ.....:::::::::  ::::ij(_::●   / ヽノ     ___/ 
       /       /ヽ <   r "     .r ミノ~.    〉 /\    丶 
      /      /    ̄   :|::|    ::::| :::i ゚。     ̄♪   \    丶 
     /     /    ♪    :|::|    ::::| :::|:            \   丶 
     (_ ⌒丶...        :` |    ::::| :::|_:           /⌒_) 
      | /ヽ }.          :.,'    ::(  :::}            } ヘ / 
        し  )).         ::i      `.-‐"             J´(( 
          ソ  トントン                             ソ  トントン

こんな風に見えかねない会見をやって、まさか世間から感情的に反発されないと考える方がちょっとどうかと思うよね。サイコパスかな? もちろん記者である彼ら彼女らの多くは上からの命令で真面目に仕事をやっているだけなんでしょうし、あるいはそれこそホウドウのシメイとかいうやつなのかもしれませんが。
かといってそれが免罪符になるわけでもないよね。
みんな仕事はつらいんや。うぅ、ゴールデンウイーク……っらぃ……。


今回に限った話ではなく、それこそ幾度となく繰り返されてきたおなじみの光景。こちらもお馴染みの記者会見風景としてあるだろう、園長さんが泣き出すところでカメラのシャッター音やフラッシュの光がひときわ大きくなるのを見ると、やっぱりザ・イエロージャーナリズムという感じは否めないかなあ。
特別「絵」になる所に群がるプロ根性あふれる人たち。
足が無くなってスポーツできなくなった子の気持ちなんかを直接聞きたくなるのもジャーナリズムの使命だからね。しかたないよね。


自分たちが絵を撮ることに夢中で、それをする自分が端からどういう絵で見られることになるのか、まったく考えが及んでいない人たち。
まぁ昔からあるメディアのジレンマの一つで、特別珍しいお話でもないかもしれない。
事故現場で無邪気にスマホをカメラを構える一般の人たちと、今回の光景に一体どれだけ差があるのかというと、まぁお察しだよね。
野次馬的にカメラを構える素人というならばまだ善意の第三者として擁護の余地はあるかもしれない。
しかしジャーナリズムを担うと自負するプロのメディアの人たちは絶対にそうではないでしょう。


誰もが情報を発信できるようになった今という時代だからこそ、プロとしての第四階級・第四の権力者として相応の振る舞いが求められているはずなのに彼らは上記のような会見こそ見せ場とばかりに記事に映える『絵』を望んでいる。
――ように多くの人から見られていることにはたして気付いているのか。
まぁ自覚しているのならば今後もそれを貫いてイエローに視聴率を稼いでいけばいいんじゃないでしょうか。もし自覚していないならばちょっと脳が……。


ねえねえ、被害者をうまく泣かせてジャーナリズムを名乗るのってどんな気持ち???