【スポンサーリンク】

「誰も……戦争を止めようとしていないのである!」

それでも、世界平和は誰かがきっと運んでくれると信じている、少年少女な僕たち。


「領土問題は戦争で解決できるという先例になりかねない」 ナゴルノ・カラバフ紛争に専門家が警鐘 | ハフポスト
当日記でも何度か書いてきたポジションそのままで、同意するしかないお話。
ではありますが、あんまり評判良くないのでちょっと自分まで悲しくなってしまうので、応援がてら「誰も消防車を呼んでいないのである!*1」ネタで適当日記。


2国間で武力による領土の奪い合いが起きているのに、国際社会のほとんどの国が距離を置いてみていたという現実をどう感じているだろうか。

「決して、いい終わり方じゃないですよね。不当に領土を取られた国がある戦争を30年近く国際社会が放置したことが一番良くないと思います。そこで両方が納得行くような解決を、早めに国際社会が導いていれば、今回のことは起きなかったと思うんです」

その上で、廣瀬さんは「未承認国家は平和な状態ではない」と強調した。「ナゴルノ・カラバフ共和国」という未承認国家を28年間に渡って国際社会が放置してきた結果、多くの死者が出る紛争に繋がったという見解を示した。

「今回の件は悪い先例になりかねなくて『取られた領土は戦争で奪還できるんだ』という認識が世界に広まると、似たようなことが各地で次々に起きると思うんですよ。これが先例になってしまうと、今後はすごい問題になる。そういう意味でも、私は警鐘を鳴らしたいですし、国際社会は身を持って反省すべきだと考えています」

「領土問題は戦争で解決できるという先例になりかねない」 ナゴルノ・カラバフ紛争に専門家が警鐘 | ハフポスト

いつものごとく「読まずに批判」な人たちから、この廣瀬先生の『先例』という言葉尻を捕えて批判している人がいますけども、まぁこの記事の要旨ってそこじゃないでしょう。
――領土奪還の先例そのものではなくて、我々が両大戦を経て国際連合憲章として合意したはずの「戦争は良くない」という現代国際関係における基本的規範を弱体化させることの『先例』として。


「国際社会が黙ってない」と主張する人たちは本邦にも少なくありませんけども、まぁ確かにそれはそれで目に見えない抑止力の一つの形でもあります。そうした国際社会からの批判や介入を恐れて、ならず者国家たちは未然に行動を抑止する、はずだと。
ただそうした抑止力というのは、実際に機能している所を見せなければ、どんどん失われていく儚いモノでもあるわけでしょう。
――そして、みごとに、今回はそうした抑止力は機能しなかった。
ナゴルノ・カラバフは、領土問題を戦争で解決することの先例ではなく、「国際社会は看過する」という『先例』となってしまった。
「国際社会が黙ってないぜ!」の顛末 2020Remix - maukitiの日記
これはカスス・ベリですか? - maukitiの日記
「知ったこっちゃないね!」戦争を容認化させるソーシャルメディア - maukitiの日記
「戦争にチャンスを与えてみた件www」 - maukitiの日記
世界平和をあれほど希求しているはずの、私たちの不作為。
……そう、普段「国際社会が黙ってない!」と抑止力を誇示しておきながら、実のところ国際社会のプレイヤーたちは誰も本気で戦争を止めようとは思っていないのである!
曲がりなりにも民主主義国家である私たち日本にとっては、その政治家の不作為とはほとんどそのままリアリズムな私たち有権者の内心を正しく反映してもいる。

日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、

にほんこくけんぽー? なにそれおいしいの?
 
 

すべての加盟国は、その国際関係において、武力による威嚇又は武力の行使を、いかなる国の領土保全又は政治的独立に対するものも、また、国際連合の目的と両立しない他のいかなる方法によるものも慎まなければならない。*2

こくれんけんしょー? なにそれおいしいの?
 

 
(自分ではない誰かが)世界を平和にしてくれますように、なんて。
自分の手を汚したくないし、なんならお金も払いたくない。
うんうん、そうだよね、僕も常日頃から不労所得で「5000兆円欲しい!」って思ってるよ。


我々が「戦争反対」「世界平和」の望む心というのは、実のところこの程度の本気さでしかなかったということが、また改めて明らかになってしまったナゴルノ・カラバフ紛争。
いやあ廣瀬先生が言うように、やっぱりおっそろしい『先例』を生み出してしまったものだよね。


「(国際社会は何も言わないので)領土問題は戦争で解決できる」という2020年に改めて証明され先例となってしまった件について。
みなさんはいかがお考えでしょうか?
 
 

通常日記

手抜き日記。

 

 

 

  • NHK、オバマ氏回顧録を誤訳? 鳩山氏巡る部分に指摘:朝日新聞デジタル
    • 前回通常日記でちょっと引用しただけに気になるお話。僕もフェイクニュースに踊らされてしまったのか。
  • 「ネット上では「『硬直化し、迷走した日本政治の象徴』というのは首相が頻繁に交代することを指していて、鳩山さん個人についてではない」などと誤訳を指摘する声が相次ぎ、該当記事はNHKのホームページの「ソーシャルランキング」でも上位に上がるなど話題になった。」
    • あんまり関係なかった。ていうかNHKの記事を読んだ僕は、オバマさんなら言いそう、と脳内補完したのか普通にそのように読んだけどなあ。「硬直化し迷走した日本政治」を打破しようと我々が選んだのが鳩山さんなのは概ね合ってるよね。(彼自身が迷走しなかったとは言ってない)

 

  • ノーベル委が異例の声明「エチオピアの動向、深く懸念」:朝日新聞デジタル
  • 「委員会は昨年、隣国エリトリアとの国境紛争を解決したとして、アビー氏にノーベル平和賞を贈った。国内では民族間の対立などの火種を抱えており、首相就任1年半ほどでの授与は「早すぎる」との見方もあったが、ライスアンデシェン委員長は「アビー氏の努力はいまこそ表彰に値し、激励が必要だ」と語っていた。委員会が過去の授賞に絡んで見解を表明するのは異例。」
    • まぁそらそうなるよね。僕もちょくちょくネタにするのであまり言えませんけども、そもそも他のノーベル賞にあるような過去の業績ではなく「平和にしよう!」という意思への賛同と激励だから、そりゃ空振りしちゃうのも無理はないよねえ。やっぱ戦争にチャンスを与えるべきやな!

 

 

 

 

  • 元朝日新聞記者の敗訴確定 最高裁、慰安婦記事巡り - 産経ニュース
    • これでまたネトウヨな人たちが元気になってしまうと考えると生暖かい気持ちに。
    • 幾ら「正しい目標」であっても、それが「正しい手段」を取らなければどんどん地に堕ちていき世間から相手にされなくなっていく、という無能な働き者の寓話そのまんまだよねえ。まぁでも僕の現代人らしい反マスメディア感情な部分からすると、いいぞもっとやれと内心wktkしてます。朝日さん是非もう一つの吉田調書でも捏造は誹謗中傷でバッシングであると訴えよう!

 

 

 


 

 
 

上方硬直するジャーナリズムの信頼性のはてにあるもの

「(ジャーナリズムの原則は)知ってるがお前らの態度が気に入らない」という私たち




三行で解る今回の通常日記風あらすじ。

  • 権力に殺されるまでもなく、レミングスのように集団自殺しているマスメディア。
  • 信頼性を取り戻そうとする真摯で誠実な人たちの良貨な行為は、日々積み重なる誤報や偏向や扇動といった無数の悪貨*1に駆逐されていく。
  • 事実上マスコミへの信頼性が上方硬直しているこの状況で、現状を打破するような銀の弾丸は存在するだろうか? うーん、まぁ、そうねえ……たぶんない。








割とバズってた、ジャーナリズムの独立性についてかなり面白いお話。


 

さすが専門家だけあって同意するしかないお話ではあります。
ジャーナリズムが独立性を失ってしまえば、我々が判断基準にすべき情報そのものが汚染されてしまう。
当日記でもかなりマスコミネタを書いていますけども、それは「メディアに重要な役割がある」という大前提に同意している故、でもあるわけで。
昨今のトランプ騒動で逆説的な意味としてかなり表面化したように、虚実ないまぜなニュースが流れる事は現実にリアルの政治を大きく動かすことがある。
『社会の木鐸』かは別としても、しかし大きな影響力があるのは間違いないんですよ。だからこそ彼らにはマジでちゃんとやってくれないと私たち自身が困ることになる。
――であればこそ彼らの独立性は守らねばならない。Q.E.D


だからといって、私たちから実際に独立性を守るに値する存在に思われているのかと言うと、まぁまったくの別の問題でもあるわけですけど。


しばしばメディア批判の言説として語られる、「メディアは政府の言いなりになっている!」も「メディアは政府批判できれば何をいいと思っている!」も、まぁある程度までは真実だと個人的にも思っているんですよね。
広くマスメディアを見渡せば、そうしたバカな人たちがどこか一部に見つけてしまえるのは間違いない。
二兎を追わんとする人たちの陥穽が生むモノ - maukitiの日記
ところが一見逆の方を向いているように見えるこうしたトレンドでも、実のところ「メディアは嘘つきだ!」という認識では一致してしまう。
両者が合流したことでより大きくなった不信感がどこに向かうかと言うと……。
そりゃ「反メディア」を掲げるトランプを支持しちゃう人たちが出てくるのも不思議じゃないよね。




Trends of Media Coverage on Human Papillomavirus Vaccination in Japanese Newspapers | Clinical Infectious Diseases | Oxford Academic
駆り立てるのは保身と危機感、画面に横たわるのは空の棚 - maukitiの日記
にしても、いったいデマを広めたのはだれだ - maukitiの日記
政治家の資質を判断するだけにとどまらず、『3・11』のような大災害でも、ワクチンでも、コロナでも。
正確なニュースを切実に欲する私たちは、権力から殺されないようにとメディアを応援することはできても、しかし、自身で自傷的行為を繰り返すのを止めることまではできないんですよ。
レミングスのように集団自殺をしながら、その一方で「権力に殺される!」と嘯く人たち。




ここで問題となるのは、ならば彼ら彼女らが再び市民の信頼を取り戻すことはできるか、という点であるわけで。
もちろんそこでトランプのような「反メディア」な政治家による扇動が要因なのも間違いないでしょう。
しかし、少なくとも、半分かそれ以上は彼ら自身の失態の結果であることも間違いない。


まぁ昔から「一度失った信頼を取り戻すのは難しい」と私たちのミクロな個人生活でもよく言われる教訓でもありますよね。
信頼性は上方硬直する。
多くの場合で、そこでの模範的解答としては「再び」長い時間をかけて信頼を取り戻すしかないと教科書的な解答になるわけですけども、
ところがぎっちょん、信頼性を取り戻そうとする行為が地道に続くのとまったく同様に、悪貨な人びとによるクソをそびえ立たせる行為も地道に続くことになる。
その永遠に続くだろう両者の成果の積み重ねを見て、私たちがどのように判断するかというと……。
信頼性は上方硬直する。(大事なことなので二回目)



一人の悪行によって、集団全体の評価が傷つけられてしまう。
いやあ、こちらもミクロな私たちが死ぬほどよく目にするクソみたいな人間社会の縮図であります。認知能力に限界のある私たちは、レッテル貼りだいすきだもんね。
だから我々は善きジャーナリストを守るためにも、個人の行いを見るべきである。
――ところがそれを認めるということは、逆説的に最初の話でもある「ジャーナリズムの独立性の担保」正当性に立ち戻ってしまう。一部のジャーナリストが真摯で誠実であるからといって、偏向し情報操作し誤報を垂れ流す悪いジャーナリストにもそれを認めるべきなのか?
もし認めるべきであるというならば、そのSN比が悪化していくのを一体どこまで許容するべきなのだろうか。
……現在の有り様は、許容できるラインなの?



ジャーナリズムが信頼性を取り戻す方法について。
その意味で言うと、政治家の方がずっと問題は単純なんですよね。少なくとも彼らにはきちんと――もちろん実際に改心しているかは別として―――信頼を取り戻す手続きはきちんと決まっているから。
選挙で再び勝つことで「禊は済んだ」と嘯くことのできる政治家よりも、それはずっと難しいことになるのは間違いない。


では、ジャーナリズムにそうした大多数が納得できるような手続きは存在しているの?
自分で勝手に決めた手続きを踏むことで、「禊は済んだ」と宣言すればそれでいいの?
本当にそれでいいと思っているの?



はたしてジャーナリストと名乗る彼ら彼女らは「メディアは嘘つきだ!」という声にどう応えるつもりなのでしょうね?
少なくとも僕にはまったく思いつかないなあ。
この難題こそ現代ジャーナリズムが抱える真の問題なのではないかと思います。
いやまぁそんな答えの出ない疑問に頭を悩ませるくらいならば、徹頭徹尾イエロージャーナリズムでいいというならば、それはそれで一つの生存戦略かもしれませんけど。実際そう考えている人たちの方が多そうだよね。
そうそう、バカな愚民どもを扇動して面白おかしく売文してればそれでいいのだ! なんて。
あるいは私たちにとってジャーナリズムの重要性が薄れ、ハードルが下がった時こそ信頼性を取り戻せるかもしれない。本末転倒ではありますけど。


みなさんはいかがお考えでしょうか?
 
 

*1:更には現代社会ではここに外国からの世論誘導も含まれる。

通常日記

手抜き日記。

 

 

 

  • ペンシルベニア州裁判所、大統領選巡り郵便投票の一部を無効と判断 | ロイター
    • 本邦にも昔からいっぱいいる「不正選挙だ!」論者の方たちには絶対に同意しませんけども、かといって不正がまったくないかと聞かれるとそうも言えないのが現状のトランプ戦略の狡猾な所だとは思うんですよね。ついでに民主党側のスピーチの危うい所としても。
    • (結果に関わるかは別問題として)探せば大小の不正があるのは確実でしょう。そして一部でもそれを見つかっては、今度は他にもあったはずだと悪魔の証明を迫られることになる。トランプさんがやっている不正選挙ってほんとすごく効果的な『民主主義の殺し方』なんじゃないかと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
 

再び血染めのシャツを振り合うアメリカ人たち

どちらが先に振り始めたのかと言われると、これまた喧々諤々な議論になりそう。



オバマ氏、選挙不正の主張は民主主義を損なうと批判 - BBCニュース
【米大統領選2020】 これはアメリカの民主主義にとって危機なのか - BBCニュース
ということでマジモンな『民主主義の危機』が叫ばれているアメリカであります。

米大統領選から約10日が過ぎ、民主党ジョー・バイデン氏の当選が確実となってから1週間近くたった状況で、ドナルド・トランプ大統領は自分が負けたという結果をまだ受け入れていない。

これがアメリカ政治にとってどういう意味があるのか、BBC番組「アウトサイド・ソース」の司会、ロス・アトキンス記者が検討する。

【米大統領選2020】 これはアメリカの民主主義にとって危機なのか - BBCニュース

前回通常日記でも少し言及しましたけども、普段は日本のそれを聞いても「ば~っかじゃないの」と思っている僕ではありますけども、まぁ現在のアメリカに関しては割とマジのガチで危険が危ないのは概ねその通りだと同意するしかないなかなあ。


上記BBCの動画でも言及されているように、選挙人団制度によるアメリカって割とガバガバで結構危うい方法でもあるんですよね。
既に見られているように「得票数が多くても負けることがある」「得票数が少なくとも勝てることがある」「僅かな票の差が決定的な結果の違いを産む」単純な数の多寡によらないまるでマジックのような過程による選挙結果。
そりゃ不満が起こらないわけがない。


たとえば今回見事にトランプがひっくり返した、投票後に「潔く負けを認める」慣例も、ただ自己満足ではなくノーサイドを宣言し対立状況をそれ以上続けることなく終わらせることに一役買っていたわけですよ。
そこで敗北宣言が無くなってしまえば、選挙の正当性を疑ってしまえば、両者の対立は永遠に続くことになってしまう。


そもそも論をすると、今のアメリカで見られる極度に分断化されつつある状況が未知の領域かと言うと、まぁそんなこと全くないわけで。
建国直後の政治的混乱によって憲法だけでは足りないと、二極化を招かないような自制心と相互寛容を生み出してきたアメリカ。それでも彼らは結局は二極に分断し、挙句内戦へ陥り50万人以上の死者を出したのがアメリカでもあるわけでしょう。
南北戦争から10年経った当時ですら、こんな政治演説が行われてもいたわけで。

この国を破壊しようとした人間は誰もが民主党員だった。
20年のあいだにこの偉大な共和国が直面した敵は、誰もが民主党員だった。
……この世のものとは思えないひどい飢餓の中でさえも、北軍捕虜に食べ物を与えなかった人間は、誰もが民主党員だった。
貧しく痩せ衰えた北軍のある愛国者は、飢餓によって精神に異常をきたし、正気とは思えない夢の中で母親の顔を見た。彼は熱っぽい頬に母の唇をもう一度感じることを願い、手招きする母親の方に歩いていく。そして、境界線を越えて死の世界へと足を踏み入れる。その鼓動する美しい心臓に銃弾を撃ち込んだ悪党は、民主党員だった。
この状況はむかしもいまも変わらない。

所謂「血染めのシャツ(犠牲者たちのシャツ)」を振り、敵を負かせと政治運動をする人たち。
『9・11』後にも見られた光景でもあります。
ぶっちゃけ上記の民主党共和党に言い換えてもそのまま現代アメリカの二極化政治として通用してしまうことこそ、アメリカの民主主義政治が再び死にかけていることの証左なのだと個人的には思います。
「この国を破壊しようとした人間は誰もが共和党員だった」なんて。
血染めのシャツを振り合う、今も昔も変わらないアメリカ人たち。


だからこそ憲法や法に依らない伝統や慣例といった『不文律』が重要視されてきたんですよね。人びとのはてしない敵対感情を抑制する為にこそ。
そうした無数の慣例と伝統によってアメリカの民主主義政治はなんとか平穏無事に運用されてきた。
それらが「空気を読まない」「前例を無視する」ポピュリストな政治家によって失われてしまえば……。




ちなみに、アメリカの民主党共和党南北戦争という世界最大規模の内戦をどうやって乗り越え再び共存できるようになったのか、という前例を教訓として学ぼうとするならば、
かつてのアメリカは南北戦争の戦争の原因となった、「黒人市民の自由と選挙権」を諦め棚上げし妥協することで、再び共和党民主党はそれぞれ敵ではなく同じ国のライバル政党として再び共存をしていくことができるようになったんですよね。

同書の抜粋を報じたCNNによると、オバマ氏はトランプ氏について、アメリカを率いる黒人への恐怖をあおることで大統領に上り詰めたと記述しているという。

オバマ氏は、「まるでホワイトハウスにおける私の存在が、自然の秩序が乱されたという感覚を招き、根が深いパニックを呼び起こしたようだった」、「ホワイトハウスにいる黒人男性におびえていた何百万人ものアメリカ人にとって、(トランプ氏は)人種的な不安を鎮めてくれる特効薬に思えた」と記しているとされる。

オバマ氏、選挙不正の主張は民主主義を損なうと批判 - BBCニュース

はたして、今回も、以前と同様に何かを見捨てることで、彼らはまた一つのアメリカになれるのだろうか?
あるいは、今回こそ、何も妥協せずに諦めないことで、二極化と分断の更に向こうへプルスウルトラしちゃうことになるのでしょうね?


歴史に学ぼうとするならば、どっちも悲惨な未来しか見えてこないとは個人的に思ってしまうんですよねえ。
二極化するアメリカの民主主義政治の未来について。


みなさんはいかがお考えでしょうか?

 
 

通常日記

手抜き日記。
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • 「遺産食いつぶした」 照屋氏が福島氏を面罵―社民:時事ドットコム
    • 日本の政党史という意味では結構大きな転換点じゃないかな。食いつぶしたという見方も一理あると思いますけども、食いつぶすことでギリギリ延命させた、というのが中立な評価なんじゃないかなあ。比例から出ている、というのがもう語るに落ちているものの、しかしそれが身も蓋もなく社民党の現実でもあったと。

 

 

 

 

 


 

 

 

2014年から続いてきた「民主主義が死ぬin香港」物語シリーズの終わり

今回もまた「ペンは民主主義よりも強し」だったねえ。



【社説】香港民主主義の明白な死 - WSJ
ということで、名実ともに香港の民主主義がついにまるっと死んでしまったそうで。

中国の全国人民代表大会全人代)常務委員会は11日、香港当局が立法会議員を法的審査なしに解任できるとする決議を成立させた。香港当局はすぐさま、4人の民主派議員を失職させた。その中には、勇気を持って司法の独立を擁護してきた郭栄鏗(デニス・クォック)氏、楊岳橋(アルビン・ユン)氏という2人の議員が含まれている。

 立法会の残りの民主派議員は、今回の措置を受けて一斉辞任を表明した。民主党の胡志偉主席は「遅かれ早かれ、われわれは全員、議員資格を奪われるだろう」と語った。議員になるには、中国政府への無条件の忠誠が求められるということだ。林鄭月娥(キャリー・ラム)行政長官は11日の記者会見で、新たに制定された香港国家安全維持法に反対したり、中国政府の立法措置に「見境なく反対票を投じる」ことを企てたりした立法会議員は、議員資格を失うと語った。同長官は、自らが治める香港を裏切った者として歴史に名を刻まれるだろう。

【社説】香港民主主義の明白な死 - WSJ

うーん、終わりやね。
「炭鉱のカナリア」としての香港 - maukitiの日記
香港の若者はチャイニーズドリームを夢見ない - maukitiの日記
香港民主主義のデッドオアアライブ - maukitiの日記
(親中国な)香港の空気は自由にする - maukitiの日記
ポケットの中だけにとどまらない香港デモ騒乱 - maukitiの日記
「香港衆志の敗北」は「連帯の勝利」のような歴史のターニングポイントとなるか? - maukitiの日記
自由は死すとも人びとは死せず - maukitiの日記
チャイニーズ・ドリームはどこに消えた? - maukitiの日記
当日記でも2014年のデモの辺りから、こりゃスゲェとずっと書いてきた「民主主義が死ぬin香港」の物語シリーズの終わり。
まず司法を殺し、そして選挙を制限し、最後に議員を逮捕する。
たった6年でこうなっちゃうか~~。
まさかここまでリアルタイムで、無力化され殺されきっちり埋葬までされる所まで見られるとは思わなかったなあ。
この後はゾンビになった香港民主主義の姿を見せられながら鉄面皮な中国の報道官に「(ゾンビとして)生きていますけど何か?」とかしれっと言われちゃうんだろうなあ。


「ここ数年で一番民主主義が死んでる」 - maukitiの日記
いやぁ普段から「民主主義が死ぬ!」と戦々恐々している私たち日本人にも良い勉強になったよね。
そこにわざわざ戦車を用いるまでもなく――もちろんデモを鎮圧する際にはかなりの暴力があったわけですけども――しかし香港の民主主義制度を殺すのに別に剣は必要なく、ただただ本国政府がペンでサインをすればいいだけだった。
「ペンは剣よりも強し」
民主主義が死ぬときにもこの格言が成立してしまうのは、普遍的な人類史あるあるをまたもや見せられてしまった気持ちに。


中国共産党の『善意』『建前』で維持されていたそれは、それらが尽きればあっさり捨てられてしまっただけ。
香港の主権者は、最初から最後まで中国共産党政府であって、香港市民の手にはオールが無かったというだけ。
――そしてもう一つ重要なのは、「民主主義を守れ!」と普段から叫び続けている私たちは結局香港のそれを救うことはできず、良く言えば見守り応援することしかできず、悪く言えばニュースとして消費するだけで見捨てることしかできなかったというだけ。


英、香港議員巡る中国の新規則は共同宣言違反 制裁を検討 | ロイター
普段から、それこそ毎年のように「民主主義が死ぬ!」とおびえている私たちは、まさに近隣諸国で行われているこうしたリアルタイムで展開した『民主主義の死』を目にして一体どういう態度を採ればいいのでしょうね?


香港, 民主主義 の検索結果 - maukitiの日記
上記のように当日記でもアレコレ適当なことを色々書いてきた「香港の民主主義が死ぬ」ネタではありますが、まぁ民主義国家に生きる日本人として色々と示唆的で教訓として興味深い六年間ではありましたよね。
僕もすんごいいっぱい(日記ネタ)出たし。

  • 民主主義を殺したい独裁者たちは、国際社会()から文句を言われないだけのパワーと大義名分をがあればどうにでもできるという成功体験を。
  • 民主主義を守りたい有権者たちは、……うーん、浅学な僕にはなろうっぽく転生してもあんまり香港の民主主義を救う世界線見えないかなあ。


民主主義を愛するみなさん、あるいは非効率だからと終わらせたいみなさんは、いかがお考えでしょうか?