通常日記

手抜き日記。

 

 

 

 


 

 

 

 

 
 

すべてがクリミアになる

「あっ、これ進研ゼミ国際関係の教科書でやったところだ!」



【詳細】プーチン大統領演説 ウクライナ4州の併合を宣言 | NHK | ロシア
ということで堂々たる併合宣言があったそうで。

ロシアのプーチン大統領はモスクワのクレムリンで、日本時間の30日夜9時すぎから、演説を始めました。ウクライナ東部のドネツク州とルハンシク州、南東部ザポリージャ州、それに南部のヘルソン州の合わせて4つの州をロシアに併合することを一方的に宣言しました。

【詳細】プーチン大統領演説 ウクライナ4州の併合を宣言 | NHK | ロシア

前回も書きましたけども、まぁ21世紀にもなって『併合』が堂々と語られる時代になるとは思わなかったよねえ。
クリミアを生贄にしておけばとりあえずなんとななるだろう、と私たち日本人含む楽観的に考えた人たちの末路とか言うと身も蓋もありませんけど。今って1939年だったのかな?



トルコ、ウクライナ4州併合認めず 国際法の「重大違反」 写真1枚 国際ニュース:AFPBB News
さすがにこれにはトルコさんもドン引き、というかまぁほぼ世界中の全国家が他人事ではない割と洒落にならない一線でもあるのは少し考えれば解かるお話でしょう。
21世紀の今だからこそ領土問題が流行る理由 - maukitiの日記
国境線のレコンキスタ - maukitiの日記
「北海道の権利はロシアに」を笑う者は「北海道の権利はロシアに」に泣く - maukitiの日記
当日記でも、時代の趨勢を読めていないKYな記事を書いて、まぁ2012年辺りまでは割と今更領土併合や国境線を動かすなんて愚行は誰もしないだろうと楽観的に考えていたのは間違いないんですよねえ。明らかに恣意的な『住民投票』をして領土併合を正当化できるのであれば、その要求と正当化には事実上際限がなくなってしまうから(故に人類はもうそんな愚行をしないだろう)、という歴史の叡智を進歩主義者らしく信じていた。
まぁその後はご覧の有様で、怒涛の展開が進んでいくわけですけども。進歩どころかこれまで少しずつ積み上げてきた戦後国際秩序という実績がご破算になりかねない事態に。


でも所謂『衰退する帝国』という国際関係論における頻出テーマとして見れば、こちらもやっぱりよくあるお話ではあるんですよね。
ソビエト連邦というかつての大帝国が流血が少ない感じで自壊してしまった故に、その反動が歪な形で抑圧されタイミングが遅れて表面化してきてしまっている。第一次世界大戦前のオーストリア・ハンガリー帝国オスマン帝国の事例のように、それは当時の国際システムにしばしば破壊的な存在となるんですよ。
今回のロシアによるウクライナ侵攻も、まぁある意味ではそんな教科書的展開そのまんまだと言えるわけで。


ということで今回の件って改めてみると、帝国の衰退が引き起こす騒乱によって既存の国際システムまでもが動揺する、というまったく教科書通りの展開になっているのはまぁ皮肉なお話だよなあと。
『歴史の終わり』とは一体何だったのか。いや、フクヤマ先生も言っているように、リベラルな自由民主主義政治体制によって『歴史は終わるべきである』という願望だからセーフか。
民主主義国の人口、世界で3割未満に 新興国が離反: 日本経済新聞
この辺のニュースも、単純に民主主義政治体制の没落というよりは、むしろ一連の国際システムの動揺を受けた結果ではあるのでしょうし。
まぁそれは間接的にはアメリカの撤退と中国の台頭と、そしてロシアの修正主義的行動の帰結ということになるんでしょうけど。


西側からの現代版レンドリースが続き、ウクライナがこのまま併合された領土を取り戻すことができれば話は簡単なんですよ。
――しかし、それにはロシアの核兵器という大問題を避けては通れない。
少なくともNATO介入を間接的に抑止しているという時点で役に立っていのは間違いなかったのに、そこに更に領土併合というラインを越えてしまったせいで、それは単純に核の使用か不使用という構図を越えて、「国家防衛において核抑止がどこまで有効に機能するか」という核兵器の根本的な存在意義を問われる局面にすらも足を踏み入れつつある。
まぁそもそも大戦後の国連を中心とした国際秩序って、ほとんどそのまま核兵器クラブの集団安全保障体制だったわけだから仕方ないよね。
国連システムが揺らぐということはほとんどそのまま核兵器システムが揺らぐと同義でもある故に。


幸か不幸か、現代に生きる私たちは『衰退する帝国』というこれまで人類史では何度もあったイベントをリアルタイムで見ているだけでなく、『(核兵器を持つ)衰退する帝国』という人類史上初めてのイベントを目の当たりにしつつある。
もし衰退する帝国が核兵器を持っていたら、……一体何をしですかすのだろうか? なんて。
結局ウクライナが併合された領土を取り戻せず、核兵器によって不当に併合した領土を防衛できることがもし証明されてしまったら……。
あるいはソ連の時のように「あの」ロシアでさえ結局核兵器を使えないまま終わってしまったら……もしかしたら『核なき世界』という理想郷に近づくのだろうか? 


衰退する帝国がもたらす、国際システム(国連と核兵器)の動揺について。
みなさんはいかがお考えでしょうか?
 
 

通常日記

手抜き日記。
 

 

 

 

 

 

 

 
 

防人たちの逃避行

この世に生きとし生ける人間全てに人権があるのならば、ロシア人もウクライナ人も救われますか?
 

抗議デモ・招集ミス・国外への脱出、部分的動員で始まった混乱 ロシア(1/2) - CNN.co.jp
動員令の混乱、ロシア国内外に 国境で“脱出渋滞” 拒否する国も | 毎日新聞
「動員は部分的」本当に?疑うロシア国民、続々脱出 EUは保護議論[ウクライナ情勢]:朝日新聞デジタル
ということで「事実上の」動員が始まったらしいロシアで脱出が相次いでいるそうで。

 ロシアのプーチン大統領が出した部分的動員令を受け、混乱が国内外に広がっている。ロシア国内の徴兵事務所が襲われる事件が相次ぐほか、フィンランドジョージアグルジア)との国境では国外脱出を目指す車列で渋滞が続く。周辺国でもロシア人の受け入れ拒否を検討する国がある一方、「難民として受け入れるべきだ」との声も出ている。

動員令の混乱、ロシア国内外に 国境で“脱出渋滞” 拒否する国も | 毎日新聞

 ウクライナ侵攻の兵員補充のためプーチン大統領が命じた予備役兵の動員を逃れようとする人々が、ロシアから出国を急ぐ動きが止まらない。制裁で行き先が限られた国際便のチケットは早々と売り切れ、陸路での脱出を強いられる人も多い。欧州連合EU)内でも政治的迫害を受ける難民に準じて保護すべきだとの声が出るが、議論は難航しそうだ。

「動員は部分的」本当に?疑うロシア国民、続々脱出 EUは保護議論[ウクライナ情勢]:朝日新聞デジタル

うん、まぁ、そうねぇ……。
本邦でも平和主義にガチな人たちが「戦争になったら逃げればいい」という大前提からウクライナを批判するという愉快な光景が繰り広げられておりましたけども、まぁそのポジションで言えばこうしてロシア人たちが逃げようとしているのは、そんなユニークで歪な『平和主義』に則った行動なのかもしれないね。


ともあれ、上記ニュースでも言及されているように一体ロシア以外のどの国が彼らを保護=権利を守るのか、という大問題に直面することになるわけで。
今占領されていたウクライナで見せられているような人権侵害の光景だけでなく、リベラルな私たちが普遍的権利だと信じているはずの『人権』のあられもない実態が、そのウクライナの反対にあるロシアでもまた一つ。
緊急事態では、私たちの生命財産や権利は結局のところ自国政府しか守ってくれない。
もし、それを自国政府が守ってくれないのであれば……。
という現代世界のあられもない姿がここに。寒い時代になってしまったよねえ。


そうなるとどこまでいっても他国政府の不安定な民意に拠った『善意』に頼るしかなくなってしまう。
――「戦争相手」であるロシア人たちはその善意を期待することができるだろうか? なんて。
まぁこの辺はヨーロッパがここ十数年ずっと議論してきたお話ではあるんですよね。北アフリカや中近東から逃れてきた人たちを、どこまで守り、その権利を擁護していくのか。そして未だに答えは見出せていない。

今年6月にはスペインの極右政党「VOX(声)」に向けた激しい演説で、自分にとっての優先事項を列挙。「自然な家族に賛成、LGBTロビーに反対、性的アイデンティティーに賛成、ジェンダー思想に反対(中略)イスラム主義暴力に反対、強固な国境に賛成、大量移民に反対(中略)大きい国際金融機関に反対、ブリュッセルの官僚に反対!」と述べた。

イタリア総選挙、極右政党が勝利 - BBCニュース

その帰結の一つが、その移民問題の最前線であったイタリアでの(極)右派政権の台頭でもあるんですけど。


侵略されているウクライナ人たちが自らの権利を守る為に戦い、
侵略している側のロシア人たちが自らの権利が守られないと逃げようとしている。
そしてこの物語の始まりが、「ウクライナ国内のロシア系住民の保護のための特別軍事作戦」である、というこれ以上ない程歪な世界について。


みなさんはいかがお考えでしょうか?

通常日記

手抜き日記。
 
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
 

通常日記

手抜き日記。

 

 

  • 印首相、ウクライナ侵攻を公に批判 「今は戦争の時でない」 | ロイター
    • ぐう正論。
    • 本邦でも「何故か(ここ重要)」今回の件で、ウクライナは抵抗するのをやめるべきだ的なユニークなことを言っている人は少なくありませんけども、平和を望むならそもそもロシアに戦争をさせなければいい話なのにね。それをこうして直接本人を目の前にして言ってるあたり、世界で最も平和に貢献している一人と言っても過言ではないかもしれない。

 

 

  • [FT]ドイツ与党、政府に「ウクライナへ戦車供与」求める: 日本経済新聞
  • 「ショルツ氏にとっては厳しい発言だった。戦車は提供しないというドイツの政策の最大の支えが外されたということなのだから」
    • 本邦の武器輸出議論を巡ってのアレコレとそっくり面白いよね。我々日本の平和主義者たちはまだ他人事だからセーフなものの、でも、もし、(南東の方を見ながら)似たようなことが起きたら、きっとドイツのように右往左往することになるんでしょうなあ。

 

 

 

 

  • 戦うって何?:今なお「総力戦」を思い描く日本人の戦争観 安保議論の足かせに | 毎日新聞
  • 「戦時報道は突き詰めれば戦争プロパガンダです。当事者が自身に都合の悪い情報を出す理由がないですから、戦争報道の多くは戦争宣伝になるのです」
    • まぁコレはその通りだよねえ。自らの最も重要なモノ=生命財産が掛かっている当事者になってしまえば、そうせざるを得なくなるのはその通りだし、おそらくその判断は許容される可能性が高い。マイケル・ウォルツァー先生の『最高緊急事態』な世界。
    • もちろん「理想の為に死ぬ」という人もいるでしょうけど、そんなの端的に言って極一部の狂人の所業だよね。そしてそれに巻き込まれる人たちは、無理心中にさせられる構図に近い。


 

 

 


 

 

 

 

 

 


 

  • FF14 零式4層のナーフについて釈明 - Kultur
    • むしろコレって開発が零式のクリアラインの想定をどこに置くか、という問題でもあるよねえ。それこそクリア者を少なくしたければ難しくしたらいいし、逆に多くしたいのであれば増やせばいい。
    • 最近ではどんどん零式クリア者が増えているし、まぁそういうことだよねえ。そしておそらくそれは、吉田PDが目指しているように、正しい戦略でもある。

 

 

中小国政治の悲劇

気候変動が大事というなら、アメリカや中国やインドやロシアの行動を変えてあげればいいのに。


スウェーデンの首相が辞意表明 総選挙で右派に敗北 - BBCニュース
スウェーデンでの選挙でも極右が台頭してしまったそうで。
首相も「もう無理」...反移民が燃え上がる「寛容の国」スウェーデンで極右政党が躍進|ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト
まぁ割と一部界隈では移民難民政策の失敗事例の典型として挙げられるほどの様相を見せているので、この躍進が意外かというとそうではないよねえ。一方でお隣の陽キャ首相のフィンランドではヨーロッパが熱狂していた間にも割と厳しい移民受け入れ政策を採ってきたこともあって、この問題とは切り離されているのは同じ『北欧』と言っても一筋縄ではないのが見えて面白い所ではあるんですけど。


グレタ・トゥンベリさん、スウェーデン議会選を批判 気候変動の議論不十分 写真15枚 国際ニュース:AFPBB News
ともあれ、スウェーデンといえば我らがグレタ・トゥンベリさんよなぁ、と思い出して調べてみたら、相変わらず元気そうにやっているので安心しました。

 トゥンベリさんはこの日、首都ストックホルム中心部で大勢の人々とデモに参加した。

「私が抗議しているのは、投票するだけでは不十分だからだ」とトゥンベリさん。政治家は十分な気候変動対策を講じていないと批判し、「今のところ、行動を起こしている政党はない」と話した。

 トゥンベリさんは今年初めて選挙権を得たが、どの党に投票するかはまだ決めていないという。

 一方で、有権者は自分の懸念を表明することが重要だと強調。「私たちは気候や環境の緊急事態に関心を持っており、これからまた4年間、何もしない政治家を許すつもりはないことを政治家に示すためだ」と話した。(c)AFP

グレタ・トゥンベリさん、スウェーデン議会選を批判 気候変動の議論不十分 写真15枚 国際ニュース:AFPBB News

むしろ相変わらずすぎて成長していない……といういつもの光景感も。


以前からずっと書いてきているお話でもありますけども、ぶっちゃけスウェーデンを筆頭に世界から見たらヨーロッパは確実に「気候や環境の緊急事態に関心を持っている」方なのは間違いないわけですよ。
もちろんそれが何の瑕疵もない完璧な対応だとは絶対に言えませんけども、しかし世界的に見たら最も政策が進んでいることも間違いない。
ここで導かれるのは、つまるところ現状のヨーロッパの進退というのは今更もうそこまで重要ではない、という点なんですよね。
むしろアメリカや中国やインドなどを筆頭に、これからよりエネルギーの消費を増やしていくだろう発展途上国などの動向こそが重要なんですよ。だからむしろ批判すべきなのはそうした国々であり、そこでスウェーデンの政治家を責めるのは正直可哀想だよなぁと同情してしまうんですよね。
それこそ世界で最もうまくやっている方なのに。
グレタさんに対して「中国に言え()」というのはまぁよくある揶揄ではありますけども、ただの冷笑にとどまらずもう一歩進んで考えるのであれば、何故私たちは中国やインドの行動を変えられないのか、という点こそを考えるべきでしょう。。
各国政府の行動が不可欠…気候変動対策を「企業に頼るのは現実的ではない」 | Business Insider Japan
国際関係論が好きな僕は、国際協定に関する専門家でもあるスコット・バレット先生などの話を前提に議論していくべきだとは思いますけども。上記でも『政府の規制』と『拘束力のある国際協定』こそが重要であると仰っているんですけども、では先を行くヨーロッパ以外の国に一体どうやってそれを守らせればいいのか?



もちろんグレタさんの「今のところ、行動を起こしている政党はない」という発言の中身が、そのまま「スウェーデンの政治家は、外交でアメリカや中国やインドなどの行動を変えられていない」という点あれば、同意できなくもないんですけども。
――でも、ぶっちゃけ、敢えて強い言葉を使うならば、スウェーデン『如き』にそんなことできる???
いくらその行動が不合理であろうとも、中小国という立場ではそんな大国の行動を変えることには限界があるのは、国際関係に疎い私たちだって少し考えれば解かるお話でしょう。
それはアメリカや中国やロシアに囲まれている本邦ではより一層身近な問題でもありますよね。米軍基地や北方領土領海侵入などで、本邦でも似たような主張をする人は少なくないのでやっぱりグレタさんだけが特別にイノセントという訳では絶対にないんでしょうけど。
あるいはスウェーデン一国では無理でも、国連や国際機関が協力すればワンチャンあるかもしれない!
ロシアに原発占拠をやめることなど求める決議採択 IAEA理事会 | NHK | ウクライナ情勢
NPT再検討会議 ロシアの反対で「最終文書」採択できず | NHK | ロシア
……あっ、ふ~ん。
まぁこんなこと、2022年に生きる私たちにとっては、ロシアのウクライナ侵攻をまったく『話し合い()』でまったく止めることができなかった現在の国際関係を見ればイヤでも理解できてしまうお話ではありますよね。


プーチン氏はウクライナ侵攻を間違いだと思っていない=ドイツ首相 - BBCニュース
ロシアの戦争を話し合いで止めることと、気候変動問題で協力すること、一体どちらが簡単だろうか? なんて。


幸か不幸かそれは、現代国際関係における最重要のテーマの一つでもあります。
ここで良いニュースなのは、気候変動問題はそれらの問題とまったく根を同一にしているのでロシアや中国の行動を止められるような画期的解決案が見つかるのであれば、同様に気候変動問題も解決に向かう可能性が高い。
しかし同時に悪いニュースなのは、それら不合理な大国の行動*1の問題にそもそも解決の糸口すら見えておらず、むしろ状況は悪化しているまである。
なんもかんも、バカな大国の行動を止められない中小国の無力さが悪いんや、というと身も蓋もありませんけど。


そのパワーバランスが逆だったら話は死ぬほど簡単だったんですよ。しかし、そうではない場合には、その解決は未だ人類未踏の地平でもある。
大国の行動を変えられない、中小国政治の悲劇について。
みなさんはいかがお考えでしょうか?

*1:ここで更に根本的な問題となるのは、「合理的」「不合理」の基準は各々のポジションによって決まる、という『文明の衝突』のような価値観の問題でもあるわけで。