通常日記

手抜き日記。 ウクライナが降伏すれば直ちに攻撃停止 ロシア大統領府 写真3枚 国際ニュース:AFPBB News まぁ言っていることは本気だと思うんですよね。絶滅戦争ではない、いわゆる普通の『侵略者』と呼ばれる古今東西の人たちはみんなそう思っていただろう…

通常日記

手抜き日記。 スウェーデンとフィンランドのNATO加盟、トルコが一転支持 - BBCニュース 敵の敵は味方的な戦時の外交という感じだよねえ。いや同じNATOでもあるんですけど。本邦にも仕方ないのでロシアの要求を飲むべしなことをいう人いっぱいいるもんね。 E…

伝統ある棍棒外交の再生

棍棒を振り回して言うことを聞かせたい人たち。 NATO、ロを「直接の脅威」と明記 新戦略概念で中国にも初言及 | ロイター ということで冷戦終終結以降、割と画期的な形で欧米とロシアが一線を超えたそうで。 [マドリード/キーウ 29日 ロイター] - …

通常日記

手抜き日記。 米連邦最高裁 “中絶は女性の権利”だとした49年前の判断覆す | NHK 米連邦最高裁、人工中絶権の合憲性認めず 重要判決を半世紀ぶりに覆す - BBCニュース 『殺人のライセンス』と『女性の権利』が解りあえるときはくるのか。まぁ個人的には今も昔…

誰がどうやってモノを運ぶのか問題

まさかここまで地政学が微笑む時代になるとは思わなかったよねえ。 アフリカがロシアによる戦争の「人質」に、食料危機でゼレンスキー氏 - BBCニュース ということで割と大変になことになりつつある食料危機だそうで。 ロシアの侵攻とそれに伴う穀物輸出の遮…

通常日記

手抜き日記。 【速報中】ドイツ「NATO加盟国として核禁条約には参加できない」 [ウクライナ情勢][核といのちを考える]:朝日新聞デジタル ウクライナ侵攻が無ければもうちょっと盛り上がったのかもしれませんけど、まさに現在進行形で「核の脅し」が行わ…

努力・才能・勝利な世界を壊すもの

努力するそなたは美しい、と思わず言ってしまう私たち。 国際水連、トランスジェンダー選手の女子競技への出場を禁止 - BBCニュース ということで割と以前から盛り上がってたトランスジェンダーの女子部門参加ネタで、割と大きな決定があったそうで。 結局の…

通常日記

手抜き日記。 プーチン氏、ウクライナのEU加盟容認 「西側の半植民地に」 | 毎日新聞 堂々とコレが言われてしまう世界になってしまったんだなあとしみじみ。同床異夢の果て。ヨーロッパの平和を夢見た欧州連合がこんなことになるとはねえ。 G7と日本、脱石炭…

殿、国連が燃えております

元々創設時点から欠陥設計だったからね。しかたないね。 【解説】 自らをピョートル大帝になぞらえるプーチン氏、その思惑は? - BBCニュース プーさんがぶっちゃけトークをしていたそうで。 公然と自分を皇帝ピョートル1世になぞらえ、現在のウクライナ侵攻…

通常日記

手抜き日記。 CNN.co.jp : ウクライナでの戦争、長期的結果を左右する重大局面に到達 西側当局者 - (1/3) 今も昔もやっぱり山は重要だし、軍事的にはそれほどではないものの政治的に重要とされる目標でこそ決戦が行われる、という点で人類普遍の戦争感がある…

通常日記

手抜き日記。 日本で悲願のインフレ到来 なぜ悪夢に転じうるのか - BBCニュース 給料を上げれば解決なのでは??? でもこれまで足りぬ足りぬは工夫が足りぬばりにどうにかしちゃってきたのが問題だよねえ。何もこれは自民党だけでなく野党も似たような精神…

核さえあればいい。

ウクライナ侵攻で改めて証明された不都合な真実。 プーチン氏「領土奪還は責務」 ピョートル大帝で侵攻正当化:時事ドットコム ということでプーチンさんの笑えない発言がまた飛び出ていたそうで。 プーチン氏は「皆さんは彼(大帝)が、スウェーデンとの戦…

通常日記

手抜き日記。 「主権ない国」生き残れぬ ロシア大統領、制裁に対抗姿勢 | 共同通信 小泉先生の論文を読んでいた時にも、まさかそこまでではないやろ~と思っていたらまさか現実そのまんまびっくりするなど。 ただこの論で行くと日本もアメリカの植民地であ…

ベルサイユの教訓

今回も「屈辱を与えない和平」を成し遂げることができるだろうか? 仏大統領の「ロシアに屈辱を与えてはならない」発言にウクライナ反発 東部では修道院燃える - BBCニュース ということで割と非難轟轟で大炎上なマクロンさんの「ロシアに屈辱を与えてはなら…

通常日記

手抜き日記。 時の在りか:ゼレンスキー氏は英雄か=伊藤智永 | 毎日新聞 まず『英雄』の定義から始めないとね。防衛戦争におけるリーダーという意味では、その通りだと思うょ。 「ウクライナ軍は不可能を成し遂げた」=ゼレンスキー大統領 ロシアのウクライ…

帝国の復讐

一体「ロシアを復活させたのは誰か?」問題。 「帝国」が崩壊して「冷戦」が終わる ロシアを突き動かした屈辱感 [ウクライナ情勢]:朝日新聞デジタル 非常に面白いお話。古今東西古い帝国が去る際には激しい争いが起きるのは歴史的には自明ではあったもの…

メルケルのあとしまつ

名宰相を失ったドイツが、ま~たしでかしてしまうのか問題。 直言(2022年5月2日)ユルゲン・ハーバーマス「戦争と憤激」──ドイツがヒョウでなくチーターを送る時代に 自称リベラルな僕も基礎教養として昔ちょっとやったハーバーマス先生のありがたいお話。 …

通常日記

手抜き日記。 ロシアはウクライナで戦術核を使わない=駐英ロシア大使 - BBCニュース 仏独首脳、プーチン氏にゼレンスキー氏との直接対話促す - BBCニュース 今回のウクライナ侵攻や、あるいは中国のウイグルのそれもそうなんですけども、ある程度以上の大国…

通常日記

手抜き日記。 中国のウイグル族収容、警察ファイルが流出 不明家族の写真や警備の状況が明るみに - BBCニュース 単純に中国のディストピアっぷりというだけでなく、それでも現代世界に生きている私たちが普通に中国と共に生きている=国連からも直接非難され…

私たちは「何もしない」ことを―証明終了―できるだろうか?

「はい何もしないって言ったのに、息したから、心臓動いたからダメ~~~」な小学生のノリが歴史的に持ち出されてきた地獄の国際関係。 先日の通常日記でも少しネタにしたお話ではありますけども、今日の憲法審査会も酷かった。稲田朋美さんが日本が何にもし…

通常日記

手抜き日記。 日本の少子化対策はなぜ失敗したのか (2022年5月19日 No.3544) | 週刊 経団連タイムス 収入をふやせば良いのでは??? 「若年男性の経済格差が拡大し、女性が十分な収入を得ることや働き続けることが難しいなか」 しゅ~にゅ~をふやせばいい…

通常日記

手抜き日記。 プーチン戦争終わらせるまで日本と努力 欧州委員長 - 産経ニュース 日本と努力云々はともかくとして、この戦争を終わらせたときその後のヨーロッパは一体どういう姿になっているんでしょうねえ。まさかのワンチャン『ヨーロッパ合衆国』あった…

石川優実さんの新しい心

ならば『たわわ』を見て実際に痴漢やセクハラをした男も、無罪と言えるだろうか? 石川優実さん「私がグラビアをやってた時も風俗で働いていた時も私の自由意志で選んでやっていたことになるんだな。あんなしんどい精神状態の時のものを自己決定権といわれる…

通常日記

手抜き日記。 ロシア、投入軍3分の1失うと英分析 NATO総長「ウクライナ勝利可能」:時事ドットコム 士気と武器支援さえあればここまで出来る、ということを示したのは今後の国際関係にものすごい大きな影響を与えそう。今後は攻める側も守る側も、誰も…

通常日記

手抜き日記。 フィンランド首相 1週間以内にNATO加盟申請に向け決断 | NHK | ウクライナ情 ウクライナのNATO加盟を抑止しようとしたら、ウクライナ以外全部NATOに加盟しそうな勢いで草生えちゃう。 アメリカで「武器貸与法」成立 ウクライナへの支援が加速へ…

リアリズムの先をさがして

鉄アレイで殴り合うと死ぬ我々が、鉄アレイで殴り合わずに済む方法をさがして。 プーチン氏、「欧州側がロシア侵攻を準備」とウクライナ侵攻を正当化 対独戦勝記念日で演説 - BBCニュース 良い意味でも悪い意味でも期待されていた5月9日の戦勝記念日に、プー…

通常日記

手抜き日記。 ロシア きょう「戦勝記念日」プーチン大統領 式典で演説へ | NHK | ウクライナ情勢 もちろんウクライナとの戦争が少しでも沈静化する方向のメッセージが出るのが一番なんですけども、まぁ逆の事態になりそうなことしか思い浮かばないよねえ。 C…

戦争状況下で「足りぬ足りぬは工夫が足らぬ」と叫ぶ人たち

追い詰められた軍国主義者だけでなく、過激な平和主義者も追い詰められ似たことを口走ってしまうのは、これ以上ないほど素朴な普遍的な人間の本質=共通性を感じられて心が温かくなるよね。 人間ってみんなおんなじなんだね! 比のゆくえ――憲法記念日によせ…

通常日記

手抜き日記。 米、「核の脅し」無視してウクライナ支援を強化 写真5枚 国際ニュース:AFPBB News 「発言するほどロシアの術中」核の瀬戸際外交、専門家がみる米の過ち [ウクライナ情勢]:朝日新聞デジタル もう笑うしかない状況なのは、所謂『レッドライン…

通常日記

手抜き日記。 ウクライナ侵攻が生んだ人権と民主主義への思わぬ追い風~権威主義国ロシアの誤算 - 筒井清輝|論座 - 朝日新聞社の言論サイト 「リベラルな国際秩序の来し方行く末」というテーマで現在の国際関係を見る場合の、これ以上ないほどよくまとまっ…