【スポンサーリンク】

経済

21世紀版『退治すべき怪物』

現代中国のヤマアラシのジレンマはどこへゆくのか。 CNN.co.jp : 米政府、在ヒューストン中国総領事館に閉鎖命令 中国側が反発 米国が在ヒューストン中国総領事館閉鎖を命令-中国は報復表明 - Bloomberg ということで昨今の情勢変化を受けて、領事館閉鎖命…

『企業の社会的責任』が中国企業取引と衝突するとき

「良き塀こそ良き隣人を作る」という前提を考えると、まぁそらそうなるやろ感。 Appleのサプライヤーが商務省による輸出規制対象リストに追加される - GIGAZINE これは割と面白いお話というか、鬼畜米英な本性が出つつあるわね感。 アメリカ合衆国商務省の産…

「そろそろ戦わなきゃ、現実の中国と」

いい加減見て見ぬフリを続けられず、旗幟を鮮明にすることを迫られつつある私たち。 トランプ氏、貿易交渉のため対中制裁を見送り ウイグル人強制収容めぐり - BBCニュース うーん、まぁ、そうねえ。「トランプの選挙配慮要請があったのかなかったのか」がこ…

保護主義戦線異状なし

やっぱり帰ってきているのか保護主義マン。 新型コロナに続き「世界的食料危機」の恐れ、国連とWTOが警告 写真5枚 国際ニュース:AFPBB News ということでコロナ騒動によって、いつもの食糧危機ヤベーネタが出てきたそうで。 少し前までは「国連」「FAO」「W…

10年ぶりに帰ってきた「Too big to fail」な光景

ぶりに? たたずに? 東京五輪、「延期決まった」IOC委員が米紙に発言 (写真=ロイター) :日本経済新聞 IOC委員「大会の延期は決定された」米紙報道 | NHKニュース ということでついにリットン調査団の報告書が、あるいはポツダム宣言的な何かが、日本に…

21世紀の『想像の共同体』

を生み出す、かもしれなくはなくなもないもの。 焦点:米政権の1000ドル給付案、課題は「どう全国民に届けるか」 - ロイター 英首相、ベーシックインカム検討 コロナ対策で一時的に: 日本経済新聞 海外ではすでに色々と案が出ていましたけども、 政府、全国…

駆り立てるのは保身と危機感、画面に横たわるのは空の棚

ラショナリーな私たち。 トイレットペーパー“品薄はデマ” も不安に歯止めかからず | NHKニュース トイレットペーパーやら消毒用アルコールなどの買い占めが騒動になっているそうで。 新型コロナウイルスの感染が広がる中、品不足になるという不安から買いだ…

(我々にとって)マスクとはいったい……うごごご!

ただの気休めな日用品なのか、医療品か、あるいは公の場に出るときは欠かせないエチケット、もしくはある種のドレスコードなのか。 マスク「大量買い占め」騒動 ネット転売は本当に「消費者のため」になるのか? | 文春オンライン マスク不足でパニック続く……

グレタさんとは違い、「大人な」私たちが避けては通れない難題 その2

『共有地の悲劇』の解決手法を、国際関係法へと昇華させる方法。 グレタさん「学位必要ない」、米財務長官「大学で経済勉強して」に反論 写真7枚 国際ニュース:AFPBB News うーん、まぁ、そうねえ。個人的には経済学よりも法学――国際法や条約なんかの方を推…

グレタさんとは違い、「大人な」私たちが避けては通れない難題 その1

「進まない気候危機対策」の現状を自身で文字通り再現するアイドルな彼女。 ダボス会議前にグレタさん声明「気候危機に対し必要な行動を」 | NHKニュース トランプvsグレタ 温暖化対策めぐりダボス会議で主張対立 | NHKニュース ということでeconomy無しでは…

終末だというのにあなたは一体なにをしてるんですか? 忙しいわけないですよね? だって世界の危機ですよ?

「気候変動対策ニ賛同セザルハ人二非ズ」と叫ぶ人たち。 グレタさんが振りまく「終末論ムーブメント」――“破滅の未来”はなぜ人々を魅了するのか (1/4) - ITmedia ビジネスオンライン 面白いお話。 グレタ・トゥーンベリ氏が「気候危機って、未来を修復できな…

無限の(生産力を持つ社会の)住人に私はなりたい

フリーランチな時代まであと何マイル? 僕が考える世界を平和にする方法|Yusaku Maezawa 前澤友作|note 1000億記帳の人だ! ようつべで見た! ――の余波なのか一年前の日記が観測範囲に改めて流れてきたので。 こんなことを書いていた人が一年後1000億記帳…

僕らはみんなイキリ正義太郎

現代日本社会に顕現するホッブズ的自然状態に似た地獄。 「他人の得が許せない」人々が増加中 心に潜む「苦しみ」を読み解く (1/5) 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット) ドトールとタリーズ、イートイン脱税を誤認する「正義マン」対応に知恵:日経ビジネス…

それをお金で黙りますか?

さすがサンデル先生は慧眼だったなあ。 中国の圧力に「無条件降伏」したNBAの罪 | ワールド | 最新記事 | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト これは身も蓋もないお話。でもまぁこの問題の本質的なことを言っているとは思います。 ただ、今回の件こ…

私たちミクロな個人にとっての「自由な社会」の存在証明の一例

台風だったし手抜き日記。 新卒でエンジニアとして入社したCygamesを退職しました(消えてる) なんかものすごいバズってるアレ。リアル古戦場かな? いやむしろ開発がコレだから古戦場という文化が生まれたのか。 ネットでは消しても短期的には意味がないし…

中国式「高信頼社会」のつくりかた

ロバート・パットナムなんてやっつけろ! 「香港のデモ」に中国人が送る超冷ややかな視線 | The New York Times | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準 これは面白いお話。 先日の香港のデモはそれはもう大きなニュースではありましたけども、個人的に―…

電気が支えるもの

イースターリン・パラドックスのパラドックス。 電気がなかった時代も人はそれなりに生きていたから電気が止まっても問題ないのです - Togetter そういえば先日のホムルズホルムズ海峡でのタンカー攻撃騒動で、また「たかが電気」論が盛り上がっているそうで…

人に不平等を見せ続けると(政権が)死ぬ

It's the economy, stupid!! 人は不平等を目撃すると暴力事件を起こしやすくなる、しかも富裕層サイドの方がその傾向が強い - GIGAZINE これは面白いお話。 このことからデセル教授は、不平等が可視化されると人は自身が「持つもの」か「持たざるもの」かに…

まだ従業員のままで消耗してるの?

日産の役員になれば教育費無償化が実現出来ちまうんだ! 日産自:ゴーン被告の子供4人の米大学授業料を負担していた-関係者 - Bloomberg ゴーンさんの愉快な暴露話がまたひとつ。 ゴーン被告に対する起訴内容に今回の授業料の件は含まれていないが、日産が…

とある石油国家の典型的落日

ハイパーインフレのおこしかた。 268万%のインフレに 政治的混乱続く南米ベネズエラ | NHKニュース 話題のベネズエラは、いよいよハイパーインフレというレベルに辿りつきつつあるそうで。 べネズエラの「インフレ率1000万%」を人はなぜ信じるのか? フェ…

自由貿易やめますか? 再配分しますか?(二年ぶり二回目)

ちょうど二年前の前回2016年の日記自由貿易やめますか? 再配分しますか? - maukitiの日記書いた時から状況は更に加速していて、まぁ面白いというか日記を書いていてよかった感。 左派賢人の過激な問い。"世界のトランプ化"はリベラルのせい?(週プレNEWS…

ゲームの達人

経済戦争における禁止兵器を上手く使える人とは? 【解説】米中、追加関税の発動猶予で合意 貿易戦争の勝者はどちらなのか - BBCニュース やるぞやるぞと迫っていた追加関税が回避されたそうで。 今回の合意は一見、米国にとって有利な内容だ。中国政府のビ…

個人主義が終わるとき

「電気なんていらない」「江戸時代に戻りたい」人たちがいつか辿りつく場所。 「エネルギー源の変化により資本主義社会が大きく変化する」と研究者が予測 - GIGAZINE 面白いお話。まぁ昔からディストピアや(ポスト)アポカリプスネタのフィクションではある…

不幸の総和

愛ゆえに人は悲しまねばならぬ。 スポーツは人間を不幸にする? : 地政学を英国で学んだ 面白いお話。両者に勝ち負けのつく、ゼロサムゲームをやる以上避けては通れない道だよね。 幸福感をモニターするアプリを使った300万の反応と、数年分のイギリスのサッ…

自由貿易は守護らなければならぬ

でもだれが? どうやって? クローズアップ2018:対米、報復関税の波 「貿易戦争」過熱 米中、全面対決へ - 毎日新聞 「引き下がるつもりはない」貿易をめぐり高まる緊張、それでもトランプ大統領が強気な理由 | BUSINESS INSIDER JAPAN ということで貿易…

It's the money, stupid!

日本版だと「よーく考えよー?」 英ケンブリッジ大出版局、中国の検閲対応を中止 - BBCニュース 中国さんちの国内向けの『検閲』がイギリスの有名出版社にも事実上適用されていたことがニュースになっていたそうで。 中国当局はCUPに対して、他の文献を出版…

〇〇〇〇ちゃんが居ないこの腐敗した世界に堕とされて

もっと「すごーい!」と言われるために生きているのに。 インスタにアップされた後は捨てられる“かわいいアイス”に闇を感じる「ビックリマンチョコの再来」「特典が欲しくて捨てる時代からさらに進化してる」 - Togetter 少し前からちょくちょく燃えているイ…

ソーラーパネルが化石燃料掘削コストより安くなる日

だが今日じゃなかった。 ドイツの「エネルギー転換」が大失敗だったと明らかに(川口 マーン 惠美) | 現代ビジネス | 講談社 うーん、まぁ、そうね。いつもの『ドイツの憂鬱』という感じ。同じく現在進行形で難民でも同じパターンだし、「良かれと思って突…

To be or not to be , that is a question

受け入れるべきか、ラッダイトすべきか。 「ドライバー要らずの自動運転カーはインドで走らせない」とインドの交通大臣が発言 - GIGAZINE 難しいお話ではありますよね。そこまで深く考えた発言というよりは、単に業界票など有権者ウケを考えただけっていうオ…

私は農業従事者ではなかったから

現代グローバル経済世界が抱える問題の典型事例のひとつ。 なぜトマトより米は安く売られているのか 農業から見える経済のフシギ | JBpress(日本ビジネスプレス) へー面白い、と思ってたんですけども特にオチがなかった。 このグローバルな現代世界において…