【スポンサーリンク】

私たち日本国民が考える「領土を戦争で取りもどす!」の不正義さって一体どれくらい?

そしてその射程は?




丸山穂高議員「竹島も戦争で取り返すしか…」SNS投稿:朝日新聞デジタル
ということでもうすっかり炎上芸人として定着した丸山さんのオモシロ発言があったそうで。
炎上させ続けないと自分の存在価値化がなくなっちゃうもんね。しかたないよね。まぁこうした地道な炎上努力もむなしくおそらく消えていくだろうというのが大方の見方は間違いないんでしょうけど。N国が大きくなればワンチャンあるかもね。つまり彼の今後の運命は私たちのNHK嫌いの度合いが決める。バタフライエフェクトっぽい。

山氏は5月、北方領土返還の手段に関連して「戦争」に言及。日本維新の会は丸山氏を除名し、衆院は実質的に議員辞職を促す「糾弾決議」を全会一致で可決したが、丸山氏は議員辞職を拒否。NHKから国民を守る党に入党した。

 丸山氏は同日、竹島について投稿を重ね、「竹島が不法占拠者らに占拠されており、尚且(なおか)つ相手側があんな状況と。各種有事での自衛隊派遣で不法占拠者を排除する以外の方法でどうやって取り戻すんですかね?」などと主張した。

丸山穂高議員「竹島も戦争で取り返すしか…」SNS投稿:朝日新聞デジタル

うーん、オメガバカ。おわり。
――でもそれだけじゃ寂しいし、何か適当なことを書いておけばこの日記を読みに来た奇特な誰かがさんかく位はくれるかもしれない。
以下、彼のバカな発言が意味するところ、そして私たちはその「バカさ加減」をどれ位の強度で批判すればいいのか? という枝葉末節なお話。



おそらく武力行使=戦争以外に「短期的に」竹島を取り戻す方法は存在しないという点で、彼の言っていることは概ね正しいと思います。
でもそんなこと(それこそ少なくとも竹島問題についてテレビニュース程度の知識さえ持っていれば)一部の人たちを除けばみんな解っているんですよ。だってまさにこれまでの歴史がそうであったことを証明しているんだから。
韓国の国会議員6人竹島上陸 政府「極めて遺憾」と抗議:朝日新聞デジタル
現在の状況がまさに「こういう形で」固定化されているんだから。もしそれ以外に方法があったのならとっくに解決しているはずでしょう。しかし今はそうなっていない。だからこうなっている。
つまりこの状況を日本の歴代政権は、それを選んだ私たち自身も、この(政治的正統性ではなく)状況を容認してきた。


ということでこの人って、しばしば指摘されるように、ポピュリストとしては致命的な欠陥を抱えていると思うんですよね。
そんなこと皆知ってるんですよ。そしてその上でそうした手段を拒否している。だってあの島にはそれだけの価値がないと思っているから。それこそ韓国側がああして無意味にドヤってこなければ、日本では特別な日を除いてはニュースにもならないまま放置されているような問題でしょう。
もちろん過激なネトウヨな人たちは賛成するかもしれませんけど、それだって絶対に国民世論の多数派にはならないと自信を持って言えます。
いや、今後も韓国が反日政策がエスカレートしていくと「絶対」とは言えなくなるかもしれませんけど。


ポピュリストは大衆に迎合してナンボのはずなのに、そもそも彼はその大衆の内心を正しく理解さえしていない。
ただただ過激で目立ちそうなことをやって、炎上しているだけ。
アルバイト先で、アイスケースに入ったり調理中の食材でふざけて遊んでいる様子を迂闊にもSNS投稿して炎上しているバカな子たちとまるで変わらない。






そうした世界を読み切れない彼は、ヒトラーの尻尾にもなれないポピュリストとしての致命的な資質の無さっぷりを晒している。
しかしまぁ良かった探しをするならば、彼の発言自体は憲法9条を掲げ『平和国家』と自称する日本国民に重要な問題を突き付けているとも思うんですよね。

 今回の投稿は、北方領土と同様、竹島も「戦争」を解決の手段とするような主張とも受け止められるもので、今後波紋を呼びそうだ。

丸山穂高議員「竹島も戦争で取り返すしか…」SNS投稿:朝日新聞デジタル

確かにそのように受け止められる主張という朝日新聞の記事は正しい。それを否定する、という意味で僕も同意します。
では、私たちは、その不正義である「戦争を解決手段とする領土問題の解決」を言った彼の罪の重さは一体どれくらいだと考えているのか?



それを実際にやってみせた(相手側から見て正しく領土を奪還した)韓国に対してどのような態度を採ればいいの? 
そしてその上で政治的正統性を尚も主張している韓国という国家を丸山議員を非難するように扱えばいいの?

【北京=西見由章】中国政府は24日、「新時代の中国国防」と題した国防白書を発表した。台湾の与党、民主進歩党が「漸進的な台湾独立」を進めていると非難した上で「台湾を中国から分裂させる者がいれば、中国の軍隊は一切の代価を惜しまずに打ち砕き、国家の統一を守る」と威嚇し、台湾独立の動きに対して武力行使を辞さない姿勢を改めて表明した。

台湾独立なら武力行使も辞さず 中国、国防白書で威嚇(1/2ページ) - 産経ニュース

あるいは、韓国や中国という国家は、丸山議員と同レベルの、まったく度し難い・議員辞職勧告に値するような発言を政府自身がしているという風に見ていいの?
ロシアがクリミアでやったことは?
(普遍的人権という)歴史は終わっているか? 中 - maukitiの日記
その意味では、この議論って前回書いたの『普遍的人権』というお話と近い構図にあると思うんですよね。


私たちが丸山議員の発言の不正義さを非難すればするほど、同時にそれは現在進行形で同じことをしている・同じことを堂々と掲げている他国の同じ行為について、向き合わざるを得なくなる。でなければ、最悪ダブルスタンダードだと言われても仕方ないでしょう。
もしそうした要素を考慮しない場合、「海外=周辺国ではみんなそうやってる!」とあるあるな言説を彼が持ち出した場合、一体どのように反論すればいいだろうか?


もちろんあくまで日本国内でのローカルな正しさのみを追求しているとエクスキューズすることもできます。
「領土問題を武力行使で解決しようとすることを容認しない」という論理には日本国内までの射程しかなく、それは世界に向けた普遍性がないと考えているのであれば。
まぁそれってつまり一国平和主義そのものでもあるんですけど。
そうだよね、周辺国がどれだけ領土をめぐって戦争したって関係ない、自分たちさえ平和であればいいんだもんね。
これからはジャパンファーストや!


丸山議員の「竹島も戦争で取り返すしか…」という発言について、リベラルな私たちがその発言の愚かさを非難するとき、

  • 韓国が過去に竹島でしたこと、
  • そして中国が現在も台湾問題で掲げ続けていること、

という領土問題において『正しい戦争・武力行使だからセーフ』と考えている近隣諸国を考慮に入れた場合、その不正義を非難する言葉の強さはどれくらいにすればいいのだろうか?



もちろん私も彼の発言には反対します。しかし、その上で、こうした点から反論された場合の理論武装もしておくべきじゃないかとも少し思ったりします。いざという時に困らないために。
みなさんはいかがお考えでしょうか?