【スポンサーリンク】

ラショナルなメディアたち

コロナにおいてもひたすら合理的に振る舞おうとするが故に、反ワクチン見出しへと走るマスメディアたち。



女子高生100人調査「コロナワクチン、6割超受けたくない」記事に批判殺到。毎日新聞などが掲載→削除
予想通り反ワクチン記事が続々登場?/毎日新聞、AERAなどが新型コロナワクチンに関する記事を掲載→「ツイ消し・記事消し」や記事に対する釈明がなされているもよう - Togetter
ということであいかわらず反ワクチンに勤しむマスメディアのみなさんであります。
――いや、今だからこそ、なのか。

こうした懸念がある一方で、一部の週刊誌やワイドショーなどではすでにワクチンの不安を煽ったり、「感染予防効果はなし」などと有効性を否定したりするような報道も散見されている。

批判が集まった記事は、1月21日正午すぎに削除された。オリコンニュース編集部はBuzzFeed Newsの取材に対し、「チェック体制の不備で掲載されてしまったため、編集部内で記事が不適切と判断し、削除しました」と回答した。

削除は毎日新聞のツイートに対する批判を受けたわけではなく、あくまで自社判断だという。

女子高生100人調査「コロナワクチン、6割超受けたくない」記事に批判殺到。毎日新聞などが掲載→削除

うーん、まぁ、そうねえ。
印象操作をするのが仕事です。 - maukitiの日記
先日も書いた印象操作な構図そのままではあるよね。
見出しで釣るなんてそれこそありふれた日常の光景でもありますけど。反ワクチンな見出しだからと言って今更そこに反発するのも一貫性はないかもしれない。
実際これまではそうした彼らのやり方を私たちは容認してきたわけだしね。


だからメディアの彼ら彼女らも、いつものように(ここ重要)、反ワクチンなニュースでもそうしているだけ。
その意味で、歪であるとはいえ少なくとも一貫性があるのは彼らの方だし、普段はスルーしているくせに重要な報道の時にだけ反発する私たちのほうが一貫性が無いとメディアの方に思われてすらいるのかもしれない。
セブン「新作いちご飲料」のラベルが物議「果肉と思ったら絵」 法的問題は?(弁護士ドットコム) - Yahoo!ニュース
やっぱり、ハリボテおにぎりやパッケージ詐欺をしているセブンイレブンとやっていることは同じだよねえ。




ともあれ、以前と同じことを書いても意味がないし、特に今回の件でかなり語るに落ちていてクッソ面白いなあと思うのは、見出しはそのように見えても中身は違うから、とまさに記事に関わっている中の人が言い訳している点だと思うんですよね。


「一部を切り取って」というのは、今回の件で言えばつまるところ「見出しを切り取って」という意味でしょう。
――そしてその上で、そのような内容ではない、と言ってしまっている。
まぁ確かにその通りなのかもしれない。でもそれって、見出しは扇動し印象操作をしていますよ、と自白しているようなものじゃないですか。
そんな身も蓋もないことを言ってしまっていいの?




『希望は戦争』ならぬ、『希望は社会の混乱』になっても構わないかのように振る舞う人たち。
まぁ前者のような人たちの「失うものが何もない故の絶望」な気持ちがかなり理解できてしまうように、やっぱり後者の「お金さえ稼げればいい」という気持ちだって同じく理解できてしまうんですよね。
とりあえず過激な見出しさえ人目を引けさえすれば、売れさえすればなんでもいい。
うんうん、世界の真理だよね。
稼げれば良かろうなのだ。


いやあイエロージャーナリズムという感じで清々しいよねえ。

ワクチンなしに収束はないと考えてますし、多くの方が接種するためにも、安全性の確認と正しい情報の周知が必要だとお伝えしたものです

やっぱ清々しくなかった。
善意でやった仕事が別の誰かの仕業によって台無しにされてしまう構図というのは、やっぱり私たち社会人なら一度くらいは経験したあるある小話ではありますけど。


これまで散々「見出し詐欺」を事実上容認してきたくせに、今更そんなマトモなことを言われても、とマジレスもできてしまいますが。
――そしてそうした今更過ぎる批判は、私たち読者側にも言えるブーメランでもある。
今まで散々新聞や週刊誌などの見出し詐欺を、アホくさ~と看過したり見て見ぬフリを続けてきた結果が、反ワクチンな見出しでPVを集める手法がまかり通っている現実でもあるのにね。


その意味で言うと、今回のような見出し詐欺が無くなるかと考えると、まぁおそらくそんなことはないよねえ。
だってそれが経済的には合理的行動であるから
悪貨が良貨を駆逐するように、より人目を惹かせ売り上げを伸ばすという意味で合理的なんですよ。
まぁ利益を追求しない非営利団体だったらそうしなくてもしれない。
しかし営利を追求する企業である以上、その合理性を否定するほうが間違っている。


彼ら彼女らは、悪意でも善意でもなく、バカですらなく、むしろ賢くひたすら合理的だからこそ、そのように振舞っているだけ。
合理的な結論として、「医師1726人の本音  ワクチン『いますぐ接種』は3割」と見出しを付けているだけ。
ブサイクなオッサンの写真はなく、かわいい女性を表紙にする位には、自明の真理として。


コロナ禍においてもひたすらラショナリーに振る舞おうとするが故に、反ワクチン見出しへと走るマスメディアたちについて。
個人的にはその合理性を批判するのってひたすら徒労しか大きくないと諦めてしまうかなあ。
自浄作用はかのようにして期待できないし、かといって仮に政治でメディア規制しようとしたってそれはそれで地獄への道一直線ですよ。


みなさんはいかがお考えでしょうか?